お客様のライフステージに寄り添う仕事に誇り ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/前編)

おはようございます。
ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美です。

ライフオーガナイザーへのインタビュー第四弾は、千葉県習志野市在住のマスターライフオーガナイザー森下純子さんです。

以前からインテリアコーディネーターとして、数多くのコンサルティングを手がけてきた森下さん。現在は、リフォームや新築の際に設計段階から片づけやすい間取りや収納を提案するレジデンシャルオーガナイザーとしても活躍しており、片づけのプロの全国大会である片づけ大賞2015の法人部門でも大賞を受賞されました。そんな森下さんに、片づけや収納にとどまらない幅広い活動について伺いました。

インタビュアー・記事/油科真弓
撮影/川俣満博
編集/さいとう きい

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん

―インテリアコーディネーターとして長く活動していた森下さんですが、ライフオーガナイザーという職業をどのように知りましたか?

ノンフィクションライターの大塚敦子さんが書かれた『モノとわかれる! 生き方の整理整頓』(岩波書店)をたまたま友人から借りて読んだときのことです。

その中に、人生に迷ったときにプロのライフオーガナイザーに片づけを依頼し、人生を変えたというエピソードが書かれていて、ライフオーガナイザーというものに興味を持ちました。(※米国のオーガナイザーのエピソードです)

調べてみると、ちょうど日本のライフオーガナイザー協会が立ち上がったところだったので、とりあえず講座を受講してみようと思ったのがきっかけです。

―実際に受講してみていかがでしたか?

期待以上のものでした。片づけって学校で習うものじゃないですよね? けれど、人それぞれ適した片づけのやり方は違うとか、その人の価値観が大事だとか、きちんと概念やセオリーがあり、それが体系化されていることを知り驚きました。

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん

―それまでもインテリアコーディネーターとして収納の相談を受けてこられたと思いますが、ライフオーガナイザーとしての片づけ・収納は違っていましたか?

まったく別ものでしたね。それまでの私の収納の考え方は、とりあえず棚を造り、あとはそこに収めればいいというものでした。ところが、お客様の中には、棚を造ってもそこに収納できず、結局、ダンボールのまま山積みの状態が続いている人が何人かいたんです。棚を造るだけじゃダメなんだと気づいたら、ライフオーガナイズの考え方がますます面白いと感じるようになりました。

住まいの中のオフォスづくりの鍵は、“片づけ”をスイッチにする仕組み

―今はレジデンシャルオーガナイザーとして、リフォームや新築の際に設計段階から片づけやすい間取りや収納を提案していますが、以前と何か変わってきましたか?

片づけ・収納から、大げさに言うと人生のレクチャーまで、仕事の幅はものすごく広がりました。片づけができないと悩んでいた方が悩みを解消すると、それによって生まれた時間をどう使おうか考えるようになります。そこで、自分は何をしたかったのかと、人生についてまで考えるようになるんです。

私も片づけを入口に、お客様の暮らしや人生をサポートすることになり、お客様との付き合いも自然と長くなるんです。たとえるなら、植木が伸びてきたらお手入れする植木屋さんみたいに、お客様のライフステージの節目節目に関わっていくという感じです。

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん

―ライフオーガナイザーとなったことで、ご自身の生活は変わりましたか?

以前の私は、家族に対して「こうしてほしい」というコントロール欲が非常に強かったのですが、一歩引いて、「この人はこういうことを大事にしているんだな」と受け止められるようになりました。

たとえば子どもの片づけを手伝うとき、以前ならば「使わないのだから捨ててほしい」と思っていましたが、今は「大事にしているものはとっておいていい」と相手の価値観を尊重できるようになりました。相手にとって何が大事なのか、どうして大事なのかを知ろうとすることで、会話が増えますし、コミュニケーション力も上がります。

つい増やしてしまう趣味のものは、「テンションのあがる収納の工夫」で解決!

―片づけは、モノを捨てることではないということですか?

そうです。片づけられないのは捨てられないからではなく、大事なものとそうでないものが混在しているから。混在しているということは、頭の中も散らかっているということ。何が大事なものなのか整理する、捨てるのではなく分ける、というふうに考えると、片づけることも苦ではなくなると思います。

後編につづく。

過去記事はこちら:
住まいの中のオフォスづくりの鍵は、“片づけ”をスイッチにする仕組み
すっきりキッチンに隠されたワザは、「片手で」「ひと目で」
家族3人にランドリーバッグ3つ!洗濯がラクになるアイデア
リフォーム予算10万円!押入れが大容量クローゼットに変身
変形タイプの納戸はこう使う!「出し入れしやすさ」重視の収納術

森下さんの著書:
片づけたいけど「片づけられない」がなくなる本
片づけたいけど「片づけられない」がなくなる本

 

レジデンシャルオーガナイザー 森下純子
HP:インテリア&ライフオーガナイズ 株式会社アンジェ・リュクス
ブログ:幸せ純度100%の部屋づくり

Share Button