片づけよりも、自分が本当にやりたいことに時間を使ってほしい ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/後編)


おはようございます。
ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美です。

ライフオーガナイザーへのインタビュー第四弾は、千葉県習志野市在住のマスターライフオーガナイザー森下純子さんにお話をお聞きしています。

前編はこちら:
・お客様のライフステージに寄り添う仕事に誇り ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/前編)

後編では、インテリアコーディネーターとしてのノウハウを取り入れたプチリフォームのアイデアを教えていただきました。さらに、仕事のやりがい、プライベートと仕事のバランスのとり方についても伺います。

インタビュアー・記事/油科真弓
撮影/川俣満博
編集/さいとう きい

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/後編)

―ご自宅は1年前にリフォームをされたということですが、そのアイデアを教えていただけますか?

主にクロスを貼り替えるだけのお金をかけないプチリフォームです。キッチンまわりはカウンターの下と吊り戸棚、天井を紺色、奥の壁は黄みがかったグレーのクロスに替えてコントラストをつけました。全体を淡いトーンでまとめるよりも、紺のように強い色を足したほうが、空間のカジュアル感が増すんです。

住まいの中のオフォスづくりの鍵は、“片づけ”をスイッチにする仕組み

―リビングと仕事部屋を隔てる襖にもアイデアが凝らされていますよね?

こちらにはクジャクの羽のようなデザインの輸入クロスを貼りました。クロスを貼り替えても取っ手があると襖っぽくなってしまうので、取っ手も外しています。大がかりなリフォームはむずかしいという場合、目に入りやすいところを変えるだけでも、空間のイメージは大きく変わります。

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/後編)

―さすがです。インテリアや収納を考えるときに、特にこだわっていることはありますか?

単純なことですが、眺めていて気持ちのいいもの、囲まれていると幸せに感じるものは見えるところに置き、それ以外のものは見えないところに片づけるということですね。自分の中で、何が大事なのかという価値観がはっきりしているんだと思います。

だから、クローゼットに収納している洋服はそれほど多くないんですけど、大好きなアイドルグッズは多いんです(笑)。バランスは悪いですけど、それも私らしさなのでいいのかなと。

―この仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

お客様のお宅にうかがって仕分けのお手伝いをしていると、お客様が変わる瞬間を目にすることがあるんです。たとえば、過去の思い出の品をお客様が手放そうかどうか迷ったとき、「どうしてですか?」と理由を聞いていくうちに、やがて「じゃあ手放します」とか「やっぱり残します」と決断する瞬間です。

モノを手放すか手元に残すか、答えを出すのはお客様で、正解はありません。私の仕事はお客様の声に耳を傾けるカウンセリングのようなもの。それによってお客様の心がふっと軽くなって、それまで苦痛だった片づけが、「ちょっと楽しくなった」と言ってくださったり、仕分けのスピードがアップしたり。こういった瞬間との出会いがやりがいであり、醍醐味ですね。

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/後編)

―毎日の生活の中で、心がけていることはありますか?

考えることが仕事なので、どこにいてもつい仕事のことばかり考えてしまうのですが、「今から15分は仕事のことを考えよう」と時間を区切り、仕事とプライベートを意識して切り替えるようにしています。あとは朝起きたときに、今日1日をどうやって過ごそうかとボーっと考える時間を1時間ほどとります。寝る前にもきょう1日を振り返る時間を15分くらいつくっています。

昨日は変えられないし、未来はわからないから、きょう1日を頑張ろうということで。仕事の忙しさに流されてしまわないように、自分自身をリセットするための時間になっています。

ライフオーガナイザーインタビューvol.4(森下純子さん/後編)

―最後に、片づけや収納に悩んでいる人にアドバイスをお願いします。

私が伝えたいのは、片づけに時間をかけることをやめて、自分がやりたかったことをやってくださいということ。片づけに時間をとられて、やりたいことをしないでいるのはもったいないですから。

自分で解決できないのであれば、プロに頼むことも一つの方法。1度片づけの仕組みを作ってしまえば、あとは習慣にしてしまえばいいだけです。その先は、自分のやりたかったことに、時間とお金を投じてほしいと思っています。

過去記事はこちら:
住まいの中のオフォスづくりの鍵は、“片づけ”をスイッチにする仕組み
すっきりキッチンに隠されたワザは、「片手で」「ひと目で」
家族3人にランドリーバッグ3つ!洗濯がラクになるアイデア
リフォーム予算10万円!押入れが大容量クローゼットに変身
変形タイプの納戸はこう使う!「出し入れしやすさ」重視の収納術

森下さんの著書:
片づけたいけど「片づけられない」がなくなる本
片づけたいけど「片づけられない」がなくなる本

 

レジデンシャルオーガナイザー 森下純子
HP:インテリア&ライフオーガナイズ 株式会社アンジェ・リュクス
ブログ:幸せ純度100%の部屋づくり