楽がいちばん!1秒でできる「黒板シート×スマホ」で買い忘れ防止

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの十熊美幸です。

食材や日用品の買いものをするとき、「あれ~?他にも何か買うものあったよね?」「買いものメモ、どこに入れたんだっけな~?(バッグの中をゴソゴソ)」。
買うものを思い出せず、買い忘れ防止のメモまで忘れちゃった……なんて経験、ありませんか?

紙のメモがダメなら「リマインダー」や「買い物アプリ」!と、試してみたけど、入力にかかる手間や時間、更新などの管理が複雑で面倒に。さらに、小さな文字だと読みにくく、私は長続きしませんでした。

それでも、二重買い、買い忘れをなくしてストックを持たないシンプルな暮らしをしたい! 何かいい方法は?
そこでできたのが、今のスタイル「楽ちん買いものメモ」です。今日はその方法をご紹介します。

楽がいちばん!1秒でできる「黒板シート×スマホ」で買い忘れ防止

わが家で使っている「楽ちん買いものメモ」は、冷蔵庫に貼った「黒板シート」。料理や家事をしているとき、冷蔵庫を開けたとき、食材や日用品で「もう少しでなくなりそう」と気がついたら、すぐにチョークで書きとめます(チョークは、冷蔵庫の横に置いている木のトレーに入れています)。

楽がいちばん!1秒でできる「黒板シート×スマホ」で買い忘れ防止

そして、実際に買いものに行くときは、黒板シートの「買いものメモ(アナログ)」を「携帯で撮影(デジタル)」するだけ! このアナログ+デジタルの仕組みで、記録につかう時間はたったの1秒!
家族に買いものをお願いするときには、撮影した画像をメールで送信すれば買いもの内容を簡単に共有できます。

楽がいちばん!1秒でできる「黒板シート×スマホ」で買い忘れ防止

このスタイルだと、書きとめたメモを撮影するだけでいいので、流れがシンプル。無駄な二重買いやうっかりの買い忘れもなくなりました。スマホの場合は、写真を拡大できるので、私のような老眼にもやさしくてとっても嬉しい(笑)

楽がいちばん!1秒でできる「黒板シート×スマホ」で買い忘れ防止

黒板シートを使うときのわが家のルールは、たったひとつ。
それは、買いものに行く人が、撮影したら黒板のメモを消して出かけること。これが、「買いものに行ってるよ!」の合図になります。

この買いものメモの仕組みには、ほかに4つのやさしいメリットも。
・「書いて」「写して」「消して」と繰り返し使え、紙ごみが発生しない。
・リストをつくる入力の時間、紙に書き留める時間も不要で時短につながる。
・チョークは濡れた布巾でさっとひと拭き。お手入れも楽ちん。
・買いものをした人への感謝の気持ち「ありがとう!」を書いて伝える。

ものの管理や家事の仕組みも、楽ラクがいちばん!
ハードルを下げたことで、無理せず長く続けられる方法を見つけることができました。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 十熊美幸
ブログ:居心地のいい「暮らし家」デザイン~ekuracieいい暮らしへ~

【参考】
※黒板シート:簡単に貼って剥がせる黒板シート|Amazon

Share Button