水切りマットを手間なく干したい! 100均グッズでデッドスペースを有効活用

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの原田ひろみです。

わが家のキッチンは、吊り戸棚のあるセミオープンタイプの対面キッチン。リビングにいる家族の存在を感じることができるのでとても気に入っていますが、自由に使える壁面がほとんどないのが悩みでした。特に困っていたのが、食器を乾かすために使っている水切りマットを干せる壁面がないこと。

20160211harada-1

衛生面を考えると水切りマットは毎日乾かしたいけれど、壁面には干すスペースがありません。以前はキッチンの引き出しにかけて干していましたが、引き出しを開けるたびに邪魔に。また、広げて干せないので乾くまで時間がかかり、効率が悪い状態でした。何かいい方法はないだろうかと考えていたときに、「使える壁面がないなら空間を利用してみよう」と思いつき、デッドスペースを活用してみることにしました。

水切りマットを手間なく干したい! 100均グッズでデッドスペースを有効活用

用意するのは、100円ショップで購入できるカーテンクリップ2個と突っ張り棒だけ。カーテンクリップを通した突っ張り棒を、吊り戸棚下のデッドスペースに取りつければ完成です。取りつけたのは、水切りマットを使う場所のすぐ上のスペース。一歩も動くことなく干せます。また、きちんと広げて干すことができるようになったので、マットの乾きが早くなり、効率が上がりました。

水切りマットを手間なく干したい! 100均グッズでデッドスペースを有効活用

水切りマットを干したままにするのは見た目が気になるので、乾いたら外しています。他にも、忙しいときは子どもの食事用マットを洗って吊るすことも。ふきんで拭く手間が省けて、便利に活用しています。

水切りマットを手間なく干したい! 100均グッズでデッドスペースを有効活用

クリップ部分が透明なものを使っているので、存在感がほとんどなく、使っていないときは、リビングダイニングから見てもほとんどわかりません。機能性があるのはもちろんのこと、主張しない見た目も気に入っています。突っ張り棒なので、必要なくなったらすぐに取り外せるところもうれしいです。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 原田ひろみ
ブログ:ライフオーガナイズ『自分らしい暮らしの楽しみかた』

編集:会田麻実子

Share Button