お客さまの“目からウロコ”の瞬間に立ち会えるのがうれしい~ライフオーガナイザーインタビューvol.13(松居麻里さん/後編)

Share Button

平成28年熊本地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

おはようございます。
ライフオーガナイザーの会田麻実子です。

前回に引き続き、東京都世田谷区在住のマスターライフオーガナイザーの松居麻里さんに、お話を伺います。

前編はこちら:
引越しをきっかけに“片づけのプロ”のすごさを実感〜ライフオーガナイザーインタビューvol.13(松居麻里さん/前編)

もともとオーガナイズを依頼する側だったという松居さん。元クライアントだったからこそ伝えられることや、ライフオーガナイザーになって感じたこと、暮らしの変化について伺いました。

インタビュアー・記事/油科真弓
撮影/川俣満博
編集/会田麻実子

ライフオーガナイザーインタビューvol.13(松居麻里さん/後編)

-片づけのサポートでお客さまの家に行くようになり感じたことはありますか?

皆さん、収納や片づけに関心があり、本を読んで勉強もしているのですが、「きっちりやらなくてはいけない」という思いが強い方が多い印象があります。だから本に書いてあるようにうまくできないと、「自分はダメだ」と自己嫌悪に陥ってしまうことも。そんなときには、「ざっくりでいいですよ」と伝えたり、それでもきっちりやりたいという方には「お子さんが小さい間はこんなふうにしたほうが楽ですよ」と提案したりしています。たとえば、靴下は左右セットにして揃えずに、カゴや引き出しにまとめてバサッと入れておくだけでいいとか、洗濯物はハンガーのまま収納すればたたむ必要はないとか。それだけで毎日の家事はぐっと楽になり、時間にも余裕が生まれます。

すっきり片づいた家はどうしているの? 困りがちなアレの収納方法

-ライフオーガナイザーの仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

講座に参加される方や片づけのサービスを依頼される方は、収納や片づけに関するお悩みをお持ちです。そういう方に「こういう方法がある」「こんなふうな考え方もある」とお話をしていると、腑に落ちる瞬間というのがあるんです。それは私が見ていてはっきりとわかるほど。それがものすごく楽しいし、やりがいになっていますね。何より、私自身、できなかった片づけをできるようになったという経験があるので、自信を持ってお伝えできることをうれしく感じています。

-ライフオーガナイザーになって暮らしは変わりましたか?

無理をしないようになりましたね(笑)。それは、頑張らなくてもできる方法を考えるようになったということ。「きれいにしなくちゃいけない」と思うのではなく、できなかったら「なぜできないのか」「そこでつまずいている理由は何なのか」を考えるようになりました。自分がダメなのではなく、「何が自分に合っていなかったのか」を考えるようになったことで、自信も生まれました。夫や息子たちに対しても、「なぜできないの」と怒るのではなく、「できるように、どういう仕組みを作ればいいのか」を考えるようになり、イライラすることもなくなりましたね。

子どもが片づけられる部屋づくりのコツ

-ライフオーガナイザーとして、時間を生み出す片づけ・収納をどのように工夫されていますか?

モノの“住所”を決めること。たとえば爪切りやハサミなどの小さな日用品でも、「爪切りはココ、ハサミはココ」と収納する場所を決めておくんです。迷うことなくパッと戻せる場所を作っておくことが大切なんです。「とりあえずここでいいや」と空いているところに入れると、次に使うときにどこに収納したかがわからず、結局あちこち探して時間を無駄にしてしまいます。ただ、住所には、「東京都世田谷区」まででいい人もいれば、何丁目何番地まで決めたほうがわかりやすいという人もいます。どれが合っているかは人それぞれ。自分に合った“住所”を決めることで生まれる小さな時間の積み重ねが、大きな時間を生み出すと思っています。

キッチンツールは使用頻度から収納場所を決めて

-最後に片づけや収納で悩んでいる方へのアドバイスをお願いします。

もし片づけができないと悩んでいるのであれば、それはできないあなたが悪いのではなく、やり方があなたに合っていないだけ。片づけは頑張ってやるものではなく、寝ぼけていても疲れていても無理なくやれるやり方が、自分に合ったやり方です。それを見つけるお手伝いをしたいと思っています。

キッチンツールは使用頻度から収納場所を決めて

松居邸をご紹介した過去記事はこちら:
すっきりリビングの秘密は、収納スペースの抜群の収納力と配置にあり
快適キッチンの秘密!キッチンツールは使用頻度から収納場所を決めて
掃除が驚くほどラクになる!床置きしない洗面・脱衣所収納のアイデア
どうしたら片づけてくれるの?子どもが片づけられる部屋づくりのコツ
あれってどこにあるんだっけ?を解決。地下の集中収納で“行方不明”を防止
すっきり片づいた家はどうしているの? 困りがちなアレの収納方法

ライフオーガナイザー 松居麻里
ブログ:大切なのは家じかん
HP:Simple & Comfort

Share Button