収納用品を通して暮らしを変えたい〜ライフオーガナイザーインタビューvol.14(宇野由紀子さん/前編)

Share Button

平成28年熊本地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

今回、インタビューにご登場いただくのは、株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さん。

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会の法人会員第一号でもあり、宇野さん自身もライフオーガナイザーの資格を取得していらっしゃいます。お仕事のこと、そしてご自身のことについて語って頂きました。

写真提供:収納の巣(Photo 2,4,5)
撮影:会田麻実子(Photo 1,3)
取材:白石規子

『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

-現在のお仕事について教えてください
2002年に立ち上げた整理・収納用品専門のWEBショップ「収納の巣」の運営を行っています。また、収納についてのワークショップやセミナー等も全国で開催しています。

『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

-どうしてこのお仕事に携わることになったのですか?
もともと、メーカーで収納用品の企画開発に携わり、小売店などに販売をしていました。そこでは常に新しいものが求められる。でも、”エンドユーザーにとって収納用品は、定番商品があって、買い替え、買い足しのニーズに応えられることが大切なこと”だと感じていましたし、「きちんとした説明をして、商品を販売したい」とも思っていました。個々のお客様のニーズに応えられるオンラインショップは、わたしの想いにマッチすると思ったんです。

『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

-宇野さんはライフオーガナイザーでもありますが、どのようにして知ったのでしょうか?
鈴木尚子さん(クローゼットオーガナイザー)が、ご自宅で弊社の商品を使って下さっていたんですね。そんなご縁もあり、以前からブログを読ませてもらっていたんです。そのうち、鈴木さんが「ライフオーガナイズの勉強をし始めた」というのを見て、ライフオーガナイザーという資格を知りました。

『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

-なぜ、ライフオーガナイザーの講座を受講しようと思われたんですか?
まずはメーカーとして収納商品の開発を行っていたので、「新しい商品開発に活かせるかな?」と。「プロがお店にいるとお客様の安心につながる」「片づけのプロの仲間がいると意見も聞かせてもらえるかもしれない」など、フレキシブルに応用することが出来そうだな、と思いました。

-宇野さん自体は、片づけはお好きだったのですか?
実はもともとは特別好きというわけではなく、与えられたテーマという感じなんです(笑)それならばしっかりと受け入れて、私なりに深め、広げていこうと・・・。

後編に続く

【参考】
『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

『株式会社テンネットのオフィス&ショールーム ROOM10』
〒550-0001 大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビルディング9F
TEL 06-6446-0010
OPEN: 平日10:00~17:00(事前予約制)
HP: http://10net.jp

『収納の巣』。運営会社である株式会社テンネット代表取締役の宇野由紀子さんインタビュー

HP:収納の巣オンラインショップ

Share Button