片づけそのものと、片づけた後の暮らしをつなげる役割を担いたい ライフオーガナイザーインタビューvol.15(住江直美さん/後編)

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーのさいとう きいです。

前回に引き続き、神奈川県鎌倉市在住のマスターライフオーガナイザー、住江直美さんにお話をお聞きします。

前回の記事:
お客様の人生が変わる瞬間に立ち会える仕事 ライフオーガナイザーインタビューvol.15(住江直美さん/前編)

インタビュアー・記事/油科真弓
撮影/川俣満博
編集/さいとう きい

片づけそのものと、片づけた後の暮らしをつなげる役割を担いたい ライフオーガナイザーインタビューvol.15(住江直美さん/後編)

-現在、ライフオーガナイザーとしてどんな仕事をしていますか?

お客様の自宅にうかがって、悩んでいることについてヒアリングをした上で片づけの作業をするのが中心です。ライフオーガナイザー入門講座や、オリジナル講座も開催しています。

-どんなお客様が多いのですか?

捨てるモノの選別をしてほしいという方から、家全体をどう使ったらいいかを考えてほしいという方、何をどうしたらいいかわからないという方まで、いろいろな方がいます。どのような相談にせよ、自宅に他人を入れるのはとても勇気のいることなので、本当に悩みに悩んで申し込んでくださっているのだと思います。だから、丁寧に気持ちに寄り添うことが大切だと日々感じています。

「無印良品」と「IKEA」で実現! キッチンの「見せる収納」と「隠す収納」

-ヒアリングをするときに心がけていることはありますか?

片づけというのはゴールではなくて、手段。私から見ると「今のままでも十分に片づいている」というお宅もあるんですけれど、それでもいろいろと悩んでしまうのは、「片づけた後にどんなふうに暮らしたいか」というゴールが見えていないからだと思うんです。だから、ずっと片づけていないとダメだと感じたり、何のために片づけるのかがわからなくなったり……。ヒアリングでは、お客様がどんなふうに暮らしたいと思っているのか、くみ取ることを意識しています。

「無印良品」と「IKEA」で実現! キッチンの「見せる収納」と「隠す収納」

-特にどんなことにやりがいを感じますか?

喜んでもらえることはもちろんですが、その人が変わる瞬間に立ち会えること、人が頑張っているところを間近に見られることですね。たとえば、1度片づけの作業に行って、後日、再訪すると、その間にお客様が頑張って片づけをしていたとわかることがあるんです。そうすると、なんとなく滞っていた家の空気感も変わっている。こういうことって、どんな職業でも得られる感覚ではないと思うんですよね。

キッチンが「ごちゃついて見える」3つの原因と対策

-住江さん自身が時間を生み出すためにしている片づけや収納の工夫はありますか?

収納をオープンにすることです。食器棚はユニットシェルフを利用したオープンタイプにしていますし、クローゼットの扉も開けっぱなしなんです(笑)。見られたくないものがあると閉めたくなるのかもしれませんが、私の場合は好きなものだけを並べているので、いつも見ていたいという気持ちのほうが強いんです。

開けっぱなしでいいんです!出し入れがラクな「オープン・クローゼット」

だから、お客様がきても開けっぱなしで平気(笑)。ホコリが気になるという人もいますが、好きなものだと使う頻度も高いので、意外にホコリもたまりません。これはライフオーガナイズを学んで自分の「好き」を知ったからこそ、できるようになったのかもしれません。私にとっては、ものの出し入れが簡単だし、管理も楽。結果として、時間を生み出すことにもつながっていると思います。

-今後の活動で予定していることはありますか?

片づけはもちろん大事だけれど、それ以上に大事なのが「片づけた後の暮らしをどうするか」ということです。片づけそのものと、片づけた後の暮らしをつなげるような仕事をしていきたいと考えています。

その第一弾として、知り合いのシェフに料理教室を開いてもらい、料理を勉強しながら実際の収納の仕組みも見られるようなイベントを計画中です。片づけだけじゃない、プラスαの提案をしていけたらうれしいですね。

キッチンが「ごちゃついて見える」3つの原因と対策

-最後に、片づけ・収納に悩んでいる方へのアドバイスをお願いします。

家の中が散らかっているところを見られるのは、それが自分の親であっても恥ずかしいことかもしれません。でも、逆に「他人であるプロになら話せる」ということもあると思います。それができなくても、身近な人に話すだけでもいい。永遠に片づかないということはありません。ちょっとずつでもいいから「アクションを起こせば、必ず変われる」と信じてほしいと思います。

マスターライフオーガナイザー 住江直美さん
ブログ:湘南・鎌倉発~思考から整えるお片づけ~

住江邸をご紹介した過去記事はこちら:
「無印良品」と「IKEA」で実現! キッチンの「見せる収納」と「隠す収納」
キッチンが「ごちゃついて見える」3つの原因と対策
「最短距離」にこだわった!出しやすい+戻しやすい=ラクできる収納
奥行のある収納スペースが使いづらい理由は●●のせいかも?
兄弟でも違う!クローゼットの「たたむ収納」と「かける収納」
開けっぱなしでいいんです!出し入れがラクな「オープン・クローゼット」

Share Button