車での帰省は収納ボックスを使います。荷物管理も楽になる仕組みとは?

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの原田ひろみです。

あっという間に夏休みになりました。夏休みはどこに出かけようかな? とワクワクしますね。
今月の片づけ収納ドットコムは、「旅行の準備と片づけ」の特集です。

車での帰省は収納ボックスを使います。荷物管理も楽になる仕組みとは?

夏休みの恒例行事として、わが家は祖母の家に車で帰省します。
家の前が海という最高の立地です。もちろん荷物には水着が必須!長いときは5日間以上滞在するのでたくさんの荷物が必要になりますが、旅行かばんを使わずに収納ボックスを活用しています。

■着替えは子どもにお任せ!見たらわかる仕組み

車での帰省は収納ボックスを使います。荷物管理も楽になる仕組みとは?  
収納ボックスは一人1つずつ。中には、紙袋を使って簡易に仕切り、衣類をアイテム別に入れています。子どもでも、パッと見ただけでどこに何が入っているかがわかります。一日に何度も海に行き、濡れたり汚れたりするたびに、「着替えちょうだい~」と言われるのも大変! 着替えは子どもにお任せ! 一人で服を選んで着替えてくれるので、私も楽になります。

■車に乗せる大量の荷物を上手に積む工夫

車での帰省は収納ボックスを使います。荷物管理も楽になる仕組みとは?

帰省には衣類だけでなく、身支度品、お土産、海のレジャー用品と大量の荷物を持っていきます。
特に海で釣りを楽しむための道具がとても多く、意外とかさ張るため、車に荷物を積むとき工夫が必要です。収納ボックスなら、旅行かばんよりきちんと重ねて上に積むことができるので、空間をしっかり利用できます。

■後片づけもラクラク。そのまま戻すだけ

車での帰省は収納ボックスを使います。荷物管理も楽になる仕組みとは?

衣類の洗濯は帰省先でほぼ済ませてくるので、自宅に帰ったら、収納ボックスをクローゼットへ持って行き、衣類を元の収納に戻すだけ。収納ボックスは、コンパクトにたためるタイプを使っているので、保管場所にも困りません。ちなみに、収納ボックスの1つは普段から水着などの収納に使っているので、帰省のときはそのまま他の衣類を追加して持っていきます。水着の保管用と帰省用収納ボックスを兼ねているため、特別に準備することもなく便利です。

長期帰省となると荷物も多くて準備も片づけも大変ですが、この仕組みにしたことで、スムーズにできるようになり、時短にもつながっています。車での帰省なら旅行かばんにこだわらなくてもいいですからね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 原田ひろみ
ブログ:ライフオーガナイズ『自分らしい暮らしの楽しみかた』

「旅行の準備と片づけ」に関する記事:
時短におすすめ!洗濯ネットを持ち出して、洗濯仕分けは外出先で済ませちゃう??
子どもが用意から片づけまでできるIKEAグッズを使ったお泊まりセットとは
15分でできる 子どもの旅行の準備と片づけ。旅行用品の収納場所はどこにする?
心配性の旅支度には欠かせない! ジッパーつき収納袋で安心感ゲット
もう放置しない! 旅行の片づけをラクに終わらせるための3つのコツ
夫の出張! 準備と片づけは誰の役目? スムーズに終わらせる3つのポイント
スーツケースを●●●●すれば、旅行の片づけが驚くほど早くなる!?
持ちものリスト不要! 時間別・種類別の小分け収納ケースで旅行の準備がカンタンに!

Share Button