毎日使うバッグを使いやすくするポイントは、これ!

おはようございます。
ライフオーガナイザーの秋山陽子です。

「カバンの中がごちゃごちゃになる」、よくあるお悩みの1つです。今日は、必要なものがサッと取り出せるバッグを手作りされている、広島在住ライフオーガナイザー三谷靖代さんに、毎日使うバッグを使いやすくするポイントを教えていただきました。

「毎日持つバッグを、自分にぴったりで最高に使いやすいものにしたい!」。
そんな願いを叶えられるよう、その人にぴったりの手縫いの革バッグを、オーダー制作している三谷さん。

オーダーで作ったバッグでなければ、使いやすいバッグにならないのかというと……、「そんなことはありません!」。バッグを使いやすくするには、実はポイントがあるそうです。

毎日使うバッグを使いやすくするポイントは、これ!

それは、「ポケット」。使いやすい収納の基本は、「定位置を決め、取り出しやすく、しまいやすい」こと。バッグを持ち運びできる“収納”と考えると、「よく使う大切なものに、住所を作り、ワンアクションで出し入れ」できるようになると、使い勝手がよくなります。 その「カギ」となるのが、ポケットなのです。

■ポケットにいれておきたい「よく使う大切なモノ」を選ぶ

まずは、いつも使うバッグの中から、「よく使う大切なモノ」を選び出します。
三谷さんの場合は、こちら

 財布(乗車カードはこの中)
 スマホ
 鍵
 名刺入れ
 ボールペン

急いでいるときにさっと取り出したいこんなものが、いつも同じ場所にいてくれると安心ですね。

■大切なモノが入る「ポケットのサイズ」は自分仕様に

よく使うものを選んだ後は、収める場所になるポケットを作ります。選んだもののサイズを測り、取り出しやすさをイメージしながら作るポケットは自分仕様。鍵は紐を使ってカバンの取っ手に巻いておけば、探すことはありません。

毎日使うバッグを使いやすくするポイントは、これ!

使いやすさは想像できますね。ポケットに入れるモノが変わったときは、縫い変えることでサイズを合わせることも大切なのだとか。こうすることで、使いやすさが持続。お気に入りのバッグも長く使えそうです。三谷さんは、取りつけるポケットは、硬めの帆布で作るそう。帆布を使う理由は、硬くて丈夫で、革より軽いからだそうです。

■ポケットは縫いつけるか、両面テープでもOK!

自分仕様のポケットができ上がったら、後はカバンに取りつけるだけ。
たとえば三谷さんのお気に入りの、L.L.Baenのトートバッグ。ポケットは縫いつけられてるそう。

毎日使うバッグを使いやすくするポイントは、これ!

ご主人にもせがまれて、Mサイズのトートバッグにもポケットを取りつけているそうです。縫うのが面倒な場合は、両面テープでペタッと貼り付けることで、簡単に取りつけることもできるとか。これなら、私もできそうです(笑)。

ポケットを作るのが苦手な方は、「よく使う大切なモノ」のサイズや、出し入れするときの使いやすさにこだわって、バッグインバッグを探してみるものいいかもしれません。お気に入りのバッグも、使いやすさがプラスされると気分も絶好調(笑)。

毎日使うバッグを使いやすくするポイントは、これ!

「よく使う大切なモノ」が入るポケットをつけただけで、「あれがなーい!」と、バッグの中身を全部ひっくり返して探す時間もなくなります。

バッグの中に、ポケットを自分で作る発想。しかも自分仕様。カバンを使いやすくする方法って1度じっくり考えると、カバンに対してストレスフリーとなりそうですね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

撮影・記事協力:ライフオーガナイザー三谷靖代
ブログ:Timshel

編集:秋山陽子

■以前の記事
100均とホームセンターの材料で!子どもが自分で片づけられる、ままごとキッチン

イベント開催「全部見せます!バッグの片づけ・収納術」

Share Button