ペイントと壁紙でスモールオフィスをリノベーション!

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

今日は、大阪府在住のライフオーガナイザー谷本清己さんのスモールオフィスをご紹介します。

クローゼットのオーガナイズをはじめ、カラー診断、骨格診断にメイクアップ、それらを総合したイメージコンサルティングサービスを提供している谷本さん。
自宅の一室をサロンとして使っています。

■収納する“量も種類”もたっぷりのクローゼット

ペイントと壁紙でスモールオフィスをリノベーション!

サロンにある天井までのクローゼットには、仕事関連のグッズを収めています。
後から取り付けたポールには洋服を掛け、ストールやスカーフは、収納の巣“吊り下げ式衣類収納棚*ウェアホルダー”に。色鮮やかなアイテムが収まっていても、フタをかければスッキリとした印象になります。以前、別の場所で使っていた棚をクローゼット下部に設置して、カラーやファッションに関する本、アクセサリーまでも収納。

■アイテムに合わせた収納で、探しやすく、収めやすく

メイク用品やアクセサリーは、細かいアイテムが多いもの。

ペイントと壁紙でスモールオフィスをリノベーション!

コンサルティングに使う大量のメイク用品は、立てる収納がメイン。
それぞれのアイテムに色や種類が分かるシールを貼ってひと目で分かるように。これなら、ひとつひとつを取り出して確認する手間が必要ありません。

ペイントと壁紙でスモールオフィスをリノベーション!

カラーグループ別にアクセサリーを収めたトレイは、なんとA4サイズのレターケース!使わなくなったラグを切ってクッション代りにしています。事務用品が、シックな収納グッズへと早変わり。専用グッズではなくても、立派な収納用品になるんです。

■大幅なリノベーションをしなくても、好きな空間はつくれます

ペイントと壁紙でスモールオフィスをリノベーション!

自然光が入る明るいサロンは、もともと“和室”。壁のペイントと壁紙を変えるだけで、こんな素敵な空間になりました。“元和室”を感じさせないのは、谷本さんのセンスが光る色とデザインだから。

また、最初にご紹介したクローゼットは、実は取材時から数カ月の時間が経った今、さらなる進化を遂げています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大がかりなリノベーションを行わなくても、“壁”を変えることで自分好みの空間にすることが可能。空間のイメージを変えたいとき、こども部屋に変えたいときなど、さまざまに活用できそうですね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー 谷本清己
Blog : 40代50代の品良く美しく自分魅せ方術*外見と暮らしの整え方

写真 : 1,4 白石規子/2,3 会田麻実子/5 谷本清己
記事 : 白石規子

Share Button