かかる時間は全部で3分?! 家計簿いらずの手間なし家計管理法

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザー・ファイナンシャルプランナーの長谷部敦子です。

年末年始は楽しいイベントが目白押し! せっかくイベントを楽しんでいるときに、レシートを集めたり、アプリに入力したり、と家計のことを気にするのは「できたら避けたい」のが本音ではないでしょうか。今回は、そんな方にオススメの簡単家計管理法をご紹介します。

■始めるには“ゆるい”くらいがちょうどいい

家計管理というとすぐに思い浮かぶのが“家計簿”かもしれません。ただ、この思い込みが家計管理のハードルを上げる大きな原因でもあります。

かかる時間は全部で3分?! 家計簿いらずの手間なし家計管理法

「どうせ家計簿をつけるなら、あれもこれも知りたい」と、どんどん理想が高くなりがちです。科目を細かく分けたり、使途不明金が許せなかったり…と正確さを求めるあまり、家計簿をつけることが苦痛になってしまうことも。

「絶対に知りたいことは何?」、そこを見直すと、手段は家計簿でなくてもいいことに気づくかもしれません。まずはざっくりでも、一部分でもいいから、“とにかくやってみる”。そんなゆるい気持ちで始める方が案外うまくいくものです。

■残金チェックで使ったお金がすぐ分かる

そこでおすすめなのが、「いくら使ったか?」を把握することだけに絞ってみる管理法。いろいろなイベントで忙しく、その分お金の出入りも多くなる年末年始は、この方法で乗り切ってみては?

かかる時間は全部で3分?! 家計簿いらずの手間なし家計管理法

やり方はいたって簡単!

1. でかける前にお財布に入っているお金を数える
2. でかけた後にお財布に入っているお金を数える

帰宅後、2から1を引けば、でかけていた間に使ったお金がわかる、というもの。

■手帳にメモで来年の自分へ申し送り

使った金額がわかったら、「いつ、いくら使ったのか」をメモしておきます。そして、来年の手帳を使い始めるときに、該当月のページに小さくメモします。

かかる時間は全部で3分?! 家計簿いらずの手間なし家計管理法

たとえば、わが家にとって年末年始は“帰省”が一大イベント。昨年帰省中に使ったお金を手帳にメモしておくことで、今年の帰省にどれくらいのお金を使う可能性があるのかを簡単に知ることができます。年末年始に限らず、長期休暇の旅行など、特別なお出かけのときにもオススメです。

つい毎月の支出にばかり意識が向きがちですが、こういった不定期のイベントごとに使うお金を大まかにでも把握できていると、年間を通したお金の使い方にも計画性を持たせることができるようになってきますよ。

家計全体を把握することが理想ではありますが、まずはできるところから。

“前もって心づもりをしておけば、お金は気持ちよく使うことができる。”それを体感することで、家計管理のモチベーションはぐんと上がるはずです。ぜひ試してみてくださいね!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 長谷部敦子
ブログ:生き方デザイン練習帖

Share Button