エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの秋山陽子です。

エアコンを使う機会も増え、クーラーの効率が気になることはありませんか?
広島のライフオーガナイザーの中原恵さんも、その一人。「狭い部屋を広く見せたいから」と、仕切りやふすまを外して部屋の圧迫感をなくしものの、暑くなってくると、クーラーの効きが気になりはじめ……。

これまで家に関するストレスをDIYで解決してきた中原さん、間仕切りのカーテンを手作りすることに。すると、クーラー効率が格段とUPしたそう。布を選んだ理由は、以前の記事と同様、「再利用できるもので解決したいから」。今では、既製品では得られない、中原家にとってベストなカーテンになっているのだそうです。

どんな工夫をされているのか、聞いてみました。

以前の記事:
>>>引越しが多くてもあきらめない!再利用できるカラーボックスで作る「収納つき3人掛けソファ」
>>>夫の靴は120足!「使っていない」より「大切にしたい」から考え抜いた収納でイライラ解消

■開け閉めを簡単にするため、天地の中央に横棒を1本

間仕切りに求めることは、必要なときにさっと開け閉めできること。そこで、ひだのないフラットカーテンで、天地の中央に1本の横棒を縫いつけたデザインにしました。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

真ん中に棒を入れると、いちばん下から巻き上げるのではなく、棒のところから巻き上げることができます。巻き上げた布は、取りつけたフックに止めるだけ。これで、半分の力量で巻き上げられる、開け閉めが簡単な理想のロールカーテンに近づきました。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

かがまなくても立ったまま巻くことができるロールカーテンです。

■見せたくないところには移動式のれん

リビングの間仕切りカーテンには、二重になるようにのれんをプラス。カーテンレールを取りつけ、簡単にスライドできるようにしました。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

理由は、カーテンを開けたときに見える、TVとコンポのごちゃごちゃした裏側を隠すため。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

閉めているときは「通路部分ののれん」として使い、開けたときは「隠し布」として使える「移動式のれん」、二刀流です。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

■部屋の使い方に合わせて通路を確保

フラットカーテンの裾の部分にのれんを縫いつけたバージョンもあります。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

2匹の猫を飼っている中原家。カーテンを下ろしたときは、のれん部分が猫の通り道になるのです。カーテンを巻き上げているときは、部屋の丸見えを隠すのれんになります。

エアコン効率アップはDIYで解決!! 「はやく作ればよかった」オリジナルカーテン間仕切り

なるほど!! 既製品にはないアイデアですね。「他の場所のカーテンも、使いたい場所に合わせたサイズで自由に作ることができました」と中原さん。サイズ、使い方を自由に作れるのは、DIYだからこそのメリットですね。

「いつか引越しするかもしれないから」と我慢していた頃のストレスや電気代のことを考えると、「もっと早く作ればよかった……(苦笑)」と中原さん。

「どんな間仕切りにしたいのか」を考えて作られたカーテンは、機能も見た目もお気に入りだそう。もちろん、クーラーの効きも、以前と違って部屋はすぐに涼しくなるそうです。既製品を買うことだけがストレス解決策とは限らない、どうしたいのかを考えることで、アイデアや工夫が見つかり、快適な空間ができるのですね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー中原 恵
ブログ:m+1 心地よい暮らしさがし

片づけ収納ドットコムのLINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。

友だち追加

編集、写真:秋山陽子

Share Button