IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました


おはようございます。
ライフオーガナイザーの中村佳子です。

今年も残りわずかとなりました。今日を“大掃除”の日として既に片づけ始めている方もいらっしゃるかもしれません。片づけだけでなく、これを機会に収納の仕組みを見直す人もいるかも。

今日はIKEAの収納グッズを使った子どものおもちゃ“レゴ”収納をご紹介!悩みのあった方はぜひ参考にしてみてください。

■あの布団収納にも使えたIKEAのSKUBBシリーズ

幼稚園ぐらいから、ことあるごとにプレゼントにリクエストされ、増えてきたレゴ。
遊びはじめるとたくさんの数を床に広げたり、作品をいくつも作ったり……。「じゃあ、その広げたレゴをどうやったら子どもも楽に片づけられるのか?」「まだバラしたくないという作品をどうするのがいいのか?」、そんなことを考えていました。

IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました

そんな思いにぴったりだった収納グッズがIKEAのSKUBB。以前、布団収納で紹介したときとサイズもまったく同じ。布団のような大きなものの収納にぴったりだったのに、レゴみたいな小さなものにもぴったりの収納グッズだったのです。

>>>布団収納の新定番?!IKEAの収納ケースで「出し入れしやすく・扱いやすく・美しい」を実現!

■SKUBBがレゴ収納にぴったりの理由

IKEAのSKUBBがレゴ収納にぴったり理由は、まず開口部がぐるっとファスナーで大きく開くこと。

IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました

ファスナーならば小さな子どもも自分で開け閉めできますし、開口部が広いことでレゴをボックスに入れたまま遊ぶことができます。これであっちこっちにレゴが散らばるのも防げるし、お目当てのパーツも探しやすいそう。

またケース自体が軽いので、子どもにも持ち運びしやすいのも◎。わが家では子ども部屋に収納してあるボックスを、ボックスごとリビングに持ってきて遊ぶことが多いので、この持ち運びやすさは大助かり。

■中に入れたボックスで遊びやすさが倍増!!

IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました

SKUBBのボックスは通常仕切りはないのですが、あえてSKUBBの仕切りボックスを2つ中に入れて仕切っています。

2つのボックスに入れているレゴに違いはありませんが、レゴはお目当てのパーツを探す作業があるので、2つに分かれているとお目当てでなかったパーツをもう1つのボックスによけることができるので、探しやすいみたいです。子どもたちにはめちゃくちゃ好評!

IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました

さらに、2つボックスを並べた横にできる縦長の隙間。
このスペースも作ったけれどまだ壊したくない作品を置いておけるので、重宝しています。作品をどこかに置いておくとすぐに壊れてしまっていたので安心です。

ちなみに、SKUBBは自立して見た目もとってもスマートなので

IKEAのSKUBBシリーズが子どものおもちゃ“レゴ”収納にぴったり!その理由を徹底解剖しました

丸見えのベッド下に収納しても違和感なし。
片づけやすく、持ち運びやすく、見た目もよし。レゴ収納にぴったりの収納でした!

片づけ収納ドットコムでは、このほかにもブロックの収納に関するアイデアをご紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

作りかけでも大作でもOK!「レゴ」収納の悩みは、見て楽しめる「レゴ棚」で解決!
叱る、怒る、イライラする… かわりに環境を整えれば、子どもの行動が変わる!
100均園芸シートで、ブロック遊びの片づけを簡単シンプルに!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

片づけ収納ドットコムのLINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 中村佳子
ブログ: おかたづけのじかん