機能性だけじゃない! 仕事のモチベーションもあがるワークスペースとは?


おはようございます。
ライフオーガナイザー会田麻実子です。

前回、前々回に続き、神奈川県横浜市在住のライフオーガナイザー田中由美子さんのご自宅をご紹介します。田中さんは、入居時にリノベーションしたご自宅に、ご主人と幼稚園に通う息子さんとの3人暮らし。今回ご紹介するのは、リビングルームの一角にあるワークスペースです。

機能性だけじゃない! 仕事のモチベーションもあがるワークスペースとは?

■「好き」を散りばめた快適ワークスペース

デスクとして使用しているのは、ネットオークションで購入した「カルテル」の「マックステーブル」。ナチュラルなダイニングテーブルとは印象の異なるものを選んだのは、「いつかナチュラルに飽きたときのため」。人の好みは変わるもの。長い目で見て使いまわすことをも考えるところが、ライフオーガナイザーらしいですよね。

機能性だけじゃない! 仕事のモチベーションもあがるワークスペースとは?

ワークスペースの椅子には、椅子用クッションや足置き台を設置するなど、快適に過ごすための工夫をしています。さらにデスク周辺には、お気に入りの天然石やアンティークの小引き出し、ポストカードなど、田中さんの「好き」が散りばめられています。

■よく使うものは、出しやすく戻しやすく

進行中の仕事の資料は、案件ごとにクリップボードにはさみ、さっと手に取れるようデスク上のファイルボックスにまとめています。メモやペン、デスクの上を掃除するミニほうきもセットにして、必要なときにすぐ手に取れるようにスタンバイ。デスクに出したままにしたくない書類や保管書類は、デスク背面の棚に収納しています。

機能性だけじゃない! 仕事のモチベーションもあがるワークスペースとは?

「以前はクリアファイルにまとめていたのですが、止めたまま資料をめくることができるので、クリップボードの方がラクだなと思っています。ファイルボックスは、座っているときに出し入れしやすいように少し斜めに置いています」。

■一目瞭然収納なら、わかりやすい&忘れない

仕事をする上で欠かせない経費処理ですが、領収書の管理が苦手という方も少なくないのでは? 田中さんは、未記帳の領収書を見た目が好みのガラスジャーに入れて管理しています。どれくらいたまっているのかが一目でわかるので、田中さんにとっては良いプレッシャーになるそう。

機能性だけじゃない! 仕事のモチベーションもあがるワークスペースとは?

「生来のめんどくさがりですが、好きなことはめんどくさくないんです」と田中さん。「好き」をワークスペースに取り入れたことで、楽しく気分良く仕事をすることができているそうです。

仕事の関係のスペースは、機能性や利便性にばかり目を向けてしまいがち。だからこそ、田中さんのように「好き」を取り入れることが、仕事のやる気アップにもつながるかもしれませんね。

これまでの記事:
・台所しごとが苦手だからこそ考えついた!キッチンでのムダな動きを省く3つのアイデア
・動線がポイント! 洗濯をラクにするグッズと置き場所とは?

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 田中由美子
ブログ:コバコ暮らし|cobacco works

写真・文:会田麻実子