プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼットのビフォア&アフター


おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。
以前ご紹介した、株式会社カジタクで行っているコンサルティング型片づけサービス“片付け名人プレミアム”。今回はその第2弾“クローゼット編”をご紹介します。

前回の記事はこちら
プロが提供する片づけを体感!キッチンのビフォア&アフターをご紹介

■ゼロから収納を考えるのは、むずかしい

コンサルティングの際から候補にあがっていたのが、クローゼット。リビングに続く部屋のクローゼットには、ご主人の衣類が収められていました。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

L字型のウォークインクローゼットにはかなりの衣類が収まりますが、手前の空いた足下スペースに、ついついものを置いてしまいがちに。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

当初、ご主人は、「部屋の中はそんなにきれいにしなくてもいいんじゃない?」と、あまり片づけには前向きではなかったのだとか。“部屋が片づいているイメージ”もあまり共有できていなかったそうです。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

この部屋は、洗濯物が干してあったり、収める場所が決まっていないアイテムをつい置いてしまうスペースになっていました。「どこに何を収めたらいいの?」をゼロから考えるのは、実は、かなり難しいことなんです。

■出す ⇒ 分ける ⇒ 収める が基本

作業当日。今回はご夫婦揃って片づけにご参加いただきました。
まずは、クローゼットに収められているご主人の衣類をすべて出し、分けていきます。分けられた衣類はカテゴリーごとにクローゼットに収めていきました。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

自宅で洗濯するものは、“たたむ”のではなく“かける”収納に。
衣類を分けた際に処分するものがあったことと、本を別の場所に移動したことで、クローゼットにはご覧のとおりの余裕ができました。足下もスッキリ!

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

こちらの収納も、カテゴリーごとに分けて収めました。
収納用品を利用した方が使いやすい、高さも奥行きもある収納ですが、まずは自宅にある紙袋や空き箱で仮置きをします。しばらく使ってみて、この場所で使い勝手が問題なければ、その後、きちんとした収納用品を購入しても良いですね。

“ただ詰め込む”のではなく、引き出しを並べる、棚板を増やす、前後に分けるなど、ちょっとした工夫をすることで、断然使いやすくなるのです。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

編集チームが伺った日のお部屋は、こんな感じ。ぜんぜんモノがありません!この画像を見た作業担当スタッフも、「わたしが作業したときよりもキレイになってる!」と驚いていました。

■“お客様が自分でできる”ことが、目標

こちらは、コンサルティングの際に撮影したクローゼット。奥様の衣類が収められていますが、今回の作業には含まれていませんでしたが・・・。

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編

キッチン、クローゼットと、スタッフと一緒に作業をしてきた奥様が、おひとりで片づけ作業を行ったのだとか。ご主人のクローゼットと色違いのボックスも可愛らしいですよね。自分の得意な方法がわかると、どんどん自分で片づけをすすめることができるようになるのです。

わたしたち片づけのプロが願うのは、何度も訪問して作業を行うことではなく、お客様それぞれが、日々、使いやすい状況を維持していただけるようになること。

先日の記事をご覧になった川畑様よりコメントをいただきました。
「リバウンドしないって本当にすごいですね。今回のお片づけをしたことにより、夫の意識も少し変わったようで、床に物を置きっぱなしにしたりしなくなりました。
入籍をしたタイミングで各方面からお祝いをいただき、少しまとまったお金が入ったことがきっかけで今回お片づけを依頼した経緯があり、式も写真もなにもなかったので、とてもよい結婚の記念になったなぁとしみじみしてしまいました」。

異なる状況で暮らしてきたふたりが初めて一緒に暮らし、自分には当たり前だったことが、実はそうではなかったということを知る。
引越し、一人暮らし、結婚、出産、等々。

人生のさまざまな転機で、家にあるモノは、量も、種類も、変わります。今までに触れたことのないモノは、どう扱ったらよいか分からないことも多いはず。そんなときにはぜひ、プロに片づけを依頼することも考えてみてください。きっと、新しい環境にスムーズに移行するための手助けになるはずです。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

プロが提供する片づけを体感第2弾!クローゼット編
片付け名人プレミアム
株式会社カジタク

記事:ライフオーガナイザー 白石規子
写真:2-4 下川美歩、1,10 お客様提供、5-9 会田麻実子、11 白石規子