正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)


おはようございます。
ライフオーガナイザー、会田麻実子です。

インタビュー第19弾は、北海道札幌市在住のマスターライフオーガナイザー、川田元子さんにお話をお聞きしています。

前編はこちら:
乳がんを経験して人生観が変わりました ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・前編)

後編では住まいのこだわり、ご病気のこと、そして発達障がいグレーゾーンの診断を受けている息子さんとの暮らしについて伺いました。

インタビュアー・記事・写真/会田麻実子

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

――現在、ライフオーガナイザーとしてどのような仕事をしているのですか?

お客さまのご自宅にお伺いして行う片づけ作業と、マスターライフオーガナイザー(日本ライフオーガナイザー協会認定講師)として「ライフオーガナイザー2級認定講座」を、北海道各地で開催しています。最近では、北見や帯広でも開催しました。

神奈川に住んでいたときにも感じていたのですが、北海道は広いので、学びたいことがあってもお金も時間もかかるんですよね。学びたい人のところへわたしが行って、学ぶことのハードルを下げたいと思っているんです。

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

――ご自宅を整えるにあたって、こだわっていることなどはありますか?

それが……、ないんです。自由に住まいを楽しみたいと思っているので。息子のものも、本人の意思を尊重して選ばせています。勉強用品をまとめているIKEAのラックも、好きな色を本人が選んだんですよ。カラフルですし、統一感もあまりない気がしています。整然ともしていないですしね。あえて言うなら「こだわりがないのがこだわり」かもしれません(笑)

脱ガミガミ生活!気が散りやすい子どもの困りごとは見える化で解決

――息子さんのために、リビングダイニングで「見える化」を取り入れているのも印象的でした。

息子は時間管理が苦手で、忘れものもやや多めです。話を聞いていないと注意されたり、人の気持ちをくみ取るのも少し苦手で……。実は、息子はADD(注意欠陥障害)と自閉症スペクトラムのグレーゾーンという診断を受けています。診断を受ける前から、ライフオーガナイズをベースに、いつも息子がどうしたら暮らしやすくなるかを考えてきました。

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

――取材時に息子さんともお話ししましたが、元気で明るいお子さんですね。リビングダイニングに飾られている作品も素敵でした。

息子は小さい頃から、「きれいなもの」が大好きなんです。カラフルな色や花、ドレスが好きな時期もありました。今は、生け花とフラワーアレンジメントを習いに行っています。

わたしが若い頃勉強していたデザインの世界では、「人と違うこと、変わっていることが良し」とされています。だから、息子がドレスを着たがっても、戦いごっこより花摘みが好きでも、「これが息子なんだ」と思ってきました。

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

――では、ADDと自閉症スペクトラムのグレーゾーンと診断を受けたことも、比較的すんなりと?

いえ、やはり最初はショックでした。ADDは予想していましたが、自閉症スペクトラムはまったく予想していなかったので……。「息子のことを知りたい」と思って自分から発達総合支援センターの受診を決めたのに、こんな気持ちになるんだなと思いました。でも、今は診断を受けて良かったと思っています。これまで「なぜそんなことを?」と感じていた息子のクセや敏感なところも、こういう特性なんだとわかって気持ちが軽くなりました。

今は、「息子の苦手を補う工夫をすること」と「得意なこと好きなことを探し、伸ばすこと」を大切にしています。どうしても注意をされたり、叱られたり、お友だちとトラブルが起きやすいところがあるので、息子の自尊心を保ち、自己肯定感を育てたいと思っています。

脱ガミガミ生活!気が散りやすい子どもの困りごとは見える化で解決

――ご自身のご病気のことも、息子さんのこともブログなどを通じて発信されていますね。

わたしが公にしているのは、「ここにもガン患者がいますよ。何があったら話を聞くよ」と知ってもらいたいから。胸の全摘出を話すのも「そうなっても、案外気楽に生きられる」ことが伝わるんじゃないかと思うから。検診に行って欲しいと言うのは、早く見つかって良かったから。わたし自身が乳がんになったとき、がんを経験した友だちに相談できたことで救われました。だから、誰かの役に立てばと、「恩送り」の気持ちで続けています。

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

――最後に、片づけや収納に悩んでいる人にアドバイスをお願いします。

「正しいことは一つではない」から悩んで、「正しいことは一つではない」から豊かになれるのだと思います。これまでの経験から、考え方はさまざまだとわたし自身も感じています。暮らしも自分の表現の一つ。あなたのやり方はあなたが決めて良いんです。自分を持つことは大切。自分の考えを大事にしてくださいね。迷われている方は、わたしたちプロに相談してみませんか? 一緒に前に進みましょう。

正しいことは一つでないから豊かになれる ライフオーガナイザーインタビューvol.19(川田元子さん・後編)

川田邸をご紹介したこれまでの記事はこちら:
家族みんなが使いやすい収納。秘訣はゆるやかなルール作りにあった!
脱ガミガミ生活!気が散りやすい子どもの困りごとは見える化で解決

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 川田元子
ブログ:アシルチセ~日々新しい暮らし、新しい家~