来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの原田ひろみです。

来客用の布団をみなさんはお持ちですか?
どのお宅でも来客用の布団を1組は持っているのではないかと思うのですが、最近では来客布団を持たずにレンタルする方も増えてますね。わが家はスペースを取るけど、来客用布団を数組、押入れで管理しています。どれだけの量をどのように収納しているのか? 出し入れしやすい工夫とともにご紹介します。

■3人来ても大丈夫! 来客用の布団は3組

来客用の布団はわが家には3組あります。3組のうち2つはマットレス、敷き布団、掛け布団の3点セット。さらに毛布が2枚あり、かなりのボリューム! どのように押し入れに収納したらいいか悩んでいた時期もありましたが、押し入れの上段と天袋におさまっています。

来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

以前は、両親と祖母が泊まりにくることがあったため、3組必要でした。今は2人以上泊まりに来ることもなくなり2組あれば十分。1組はほぼ出番がなくなったので、取り出しにくいですが布団ケースに入れて天袋に入れています。

■マットレスは立てて収納。雪崩防止に突っ張り棒を縦に活用!

わが家の押入れは、2枚の引き違い戸タイプ。全体の幅は約170cmですが、片方ずつしか出し入れできず、その幅は80cmほど。

20170919_harada_02

それに対して、マットレスの幅は100cm。横に寝かして入れるには厚みもあり、折り曲げにくく不向きのため、三つ折りにして立てて収納しています。

来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

立てることで出し入れはしやすいけど自立しにくいため、他のモノを取り出すと雪崩が起こるのがストレスに…。そこで、太めの突っ張り棒を縦に使い、倒れ防止をしています。

【Before】
来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

【After】
来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

この突っ張り棒があるだけで、左右どちらの布団も出し入れがスムーズになり、さらに立てることで、押入れの空間を上までフルに使い切ることができます。すき間には、長さのあるお昼寝用座布団もおさまりました。

■掛け布団や枕をシーツで包んでセットをつくる

左側のスペースには、敷き布団と掛け布団を横に重ねて収納しています。どちらも柔らかいので、間口が80cmでも折り曲げながら入るため不便さはありません。

敷き布団、掛け布団、枕、カバーをセットにし、1組ずつシーツで包んで入れています。包んだまま取り出せば、必要なものが一式揃っているので準備も楽チン!

来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

左側の押入れスペースは、上の空間に少しゆとりがあったため、布団の下に高さ30cmの引き出しを2つ並べ、タオルケットやブランケット、カバーなどこまごまとしたものを入れるスペースをつくりました。使った後、戻すときにあちこち分散しがちなものが、一カ所にまとまる場所をつくることで管理しやすくしています。

来客用布団の押入れ収納。突っ張り棒を縦に使えば、出し入れがスムーズに!

来客用布団は使用頻度が低いし、今は「3組も布団はいらないかなぁ…」とは思っているのですが、一度持ってしまうとなかなか手放すことができません(苦笑)。けれども、“このスペースにおさまるだけ”と決め、いざ使うときにストレスなく、準備や片づけができるようにしておくことを優先し、来客用布団を管理しています。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

片づけ収納ドットコムのLINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 原田ひろみ
ブログ:楽しく!続く!スッキリゆとりある暮らし

Share Button