ラップ類は引き出しに立てて収納。ブックエンド1つですっきり!


おはようございます。
ライフオーガナイザーの都築真未です。

今月の片づけ収納ドットコムは、「ラップ類の収納」についてご紹介しています。

隠す収納が好きな私。横幅のあるラップ類は、わが家でも収納に困っていましたが、深さのある引き出しに立てて収納することに。応急措置で使ったブックエンドが意外に役立ちました!

■コンロ下の引き出しならスリムに収まり、出し入れスムーズ

ラップ類は引き出しに立てて収納。ブックエンド1つですっきり!

ラップ類はかなり横幅があるので、収納場所に迷いがち。わが家のコンロ下は深い引き出し収納になっているので、深さを活かして縦に収納すれば、省スペースで収納でき、取り出しやすくなりました。

ラップをよく使うのは、カットしたり調理したりしたものを取り分けて保存するとき。コンロ下なら、カウンターに向かったままで出し入れできるので便利! 引き出しをしめれば見た目もスッキリです。

■ブックエンド1個でまとまります

ラップ類は引き出しに立てて収納。ブックエンド1つですっきり!

ラップを立てるために使ったのは100均のブックエンド1つ。ラップ類は横幅や大きさの違いはあっても、似たような高さなので、ひとかたまりにして押さえると意外にもすっきりまとまります。左右にはそれぞれ大皿を収納したファイルボックス、キッチンツールスタンドがあるので、引き出しの開け閉めの勢いで崩れてしまうこともありません。使うときも、いつも1本ずつ取り出すだけなので、バラバラと倒れることなく使えています。

■粗品でもらっても、種類を変えても大丈夫

もともとは応急処置のつもりだったブックエンド。必要なものを見極めたら、それがぴったり入る収納用品を買おうと考えていました。でも実際には、粗品でもらったり、くっつかないアルミホイルを試してみたりと数や種類が変わり、それに合わせて取るスペースも変化していました。

ラップ類は引き出しに立てて収納。ブックエンド1つですっきり!

こんなふうに変わっても対応できるブックエンドは、実はかなりの優れもの?!と気づき、今ではとても気に入っています。

ラップ類は引き出しに立てて収納。ブックエンド1つですっきり!

今あるもの、使えるもので試してみると、予想外の発見があったり、無駄な買い物が防げたりとお得なことがいっぱいです。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地よい暮らしづくりに役立てればうれしいです。

ライフオーガナイザー都築真未
ブログ:楽にシンプルで美しい家づくり