やはり「すべて見える化」が鍵。シニアのためのクローゼット

Share Button

おはようございます。ライフオーガナイザーの野田弥栄子です。
私は、まもなく84歳になる義母と同居のため、4年前にフルリノベーションした住まいで暮らしています。

シニアのキッチンシニアの食器棚収納に引き続き、今回はシニアのクローゼットの収納をご紹介します。

どんな収納方法だと使いやすいかを検討するために、実際に一緒に「無印良品」に見に行き、どんなタイプがいいか、まずは本人に決めてもらうことに。義母が選んだのは、幅56cm、高さ175cm、奥行き40cmの写真のユニットシェルフです。

「見えないと忘れる」ということで、扉やカバーもなしです。(実は今回の衣替えで、一番下の引き出しも開けにくいということが判明しましたので、改良予定です)

「すべて見える化」が鍵。シニアのためのクローゼット

ハンガーのポールは、しっかり腕を上げられる高さかどうか確認し、よく履くパンツと羽織るものをかけています。

引き出し1段目と2段目は下着やハンカチ、ストール、ソックスやハンドタオルなど。

3段目はトップス。

20151027_002

4段目はパンツ類。

「すべて見える化」が鍵。シニアのためのクローゼット

季節ごとに、必要なものを一緒に選んで収納しています。毎回、すべて出してみると、「こんなに着るものがあるのね」と驚いています。

初めのうちは、衣類をたてて、なるべくたくさん収納をしていました。

だんだん維持をすることが難しそうということに気づき、なるべく、「ゆるゆるに収納」「ふんわり置く」「量は少なめに」というルールに変更しました。

ここには全体の4割程度を収納しています。見えない・見つからないをなくすことで、探す時間も減り、着替えもスムーズになります。

 

残りの衣類は、階下にある引き出しに移動し、必要に応じて、出し入れしています。入院セットもこちらに収納。

「すべて見える化」が鍵。シニアのためのクローゼット

「すべて見える化」が鍵。シニアのためのクローゼット

昔は編み物の先生をしていた義母、思い出のつまったセーターもたくさんありましたが、サイズがXLからSになってしまったので、本当にお気に入りのみを残すことになりました。昔のセーターは「今の体にはちょっと重い」と言っているので、さらに何枚か手放すことになりそうです。

季節外の衣類は、義母の嫁入り道具、桐の箪笥に収納しています。

思い出話をしながら衣替え、そんな寄り添う時間も、大切なことかもしれません。

 

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー野田弥栄子
ブログ:奇跡のたねをそだてよう

Share Button