近い+簡単が極意! ずぼら心を活かして作った化粧品収納

Share Button

おはようございます。
ずぼらなライフオーガナイザーの会田麻実子です。

化粧品収納というのは、ライフスタイルや好みなど、人によって大きく異なるもののように思います。今日は、日々の生活の中で「一歩でも歩く距離を減らしたい!」「とにもかくにもラクがしたい!」「化粧品は少数精鋭!」そんな私の化粧品収納をご紹介します。

■メイクはダイニングテーブルで

近い+簡単が極意! ずぼら心を活かして作った化粧品収納

私が、メイクをするのはダイニングテーブルの一角。以前は、収納場所もメイクする場所も洗面所でした。ところが、天気の良いある日に外を歩いていたら、鏡に映った自分が厚化粧でびっくり! いろいろ調べてみたところ、蛍光灯や白熱灯よりも太陽光の入る場所で化粧するのが、自然なメイクができると知りました。それ以来、太陽の光を求めて家の中をさまよい歩き、現在はダイニングテーブルに落ち着いています。

■使う場所のそばに収納するのがベスト

近い+簡単が極意! ずぼら心を活かして作った化粧品収納

もともと片づけベタで、使ったものを元の位置に戻すのが今も得意とは言えないタイプの私にとって、「いかに簡単戻せるか」は、収納を考える際の最重要ポイント。化粧品のように毎日使うものであれば、なおのことです! そんな自分の性格を考えて、メイク用品はダイニングテーブルの後ろにある棚に収納することにしました。ここなら「出す→メイクする→戻す」という一連の流れを、座ったまま一歩も動かずに終わらせることができます。ずぼらな私には、これ以上ない収納場所です。

■メイク用品は、見やすく分かりやすく

近い+簡単が極意! ずぼら心を活かして作った化粧品収納

一緒に使うものはセットで収納するのが、便利。メイクで使う鏡は「無印良品」の「アクリル仕切棚」を使って、デッドスペースに収納しています。化粧品は、収納ボックス1つに入る分だけに厳選。立てる収納で、手元にあるアイテムが一目で分かるようにしています。そのために重要になるのは、化粧品が倒れないようにすること。とはいえ、化粧品は、メーカーやアイテムごとに大きさが異なることもあって、ちょうど良い仕切りや収納グッズを見つけるのは至難の技。

近い+簡単が極意! ずぼら心を活かして作った化粧品収納

そこで、販売する際に入っている箱をカットして、収納用品として使っています。当然ですがサイズはぴったり。大小さまざまなものがあり雑多になりがちなメイクボックスですが、ずぼらな私でも大きく崩れることなく収納できています。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てればうれしいです。

ライフオーガナイザー 会田麻実子
ブログ:小さく暮らす。
 

Share Button