【片づけのプロのもの選び】いちばん使える毛玉取りはこれだ!

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの会田麻実子です。

寒い季節に欠かせないセーターやコートに、気づくとできてしまう毛玉。かつての私は、見て見ないふりをしたり、「毛玉を取らなきゃ…」としまいこみ、年単位(!)で放置していたこともありました。

そんな自分をなんとか変えようとした結果、今や電動式、ブラシ、ハサミと3つのグッズを使い分けています。今日は、片づけ収納ドットコムのメンバーにも協力してもらい、「いちばん使える毛玉取りはどのタイプか?」について、考えてみたいと思います。

【片づけのプロのもの選び】いちばん使える毛玉取りはこれだ!

■電動式なら一気にまとめて、ごっそりいける!

靴下や子どものジャージ、クッションなどに毛玉ができたときは、電動式「テスコム」の「毛玉取り器グレーKD-778-H」の出番です。電動式にもAC電源式、乾電池式、充電式といくつかタイプがありますが、一度始めたら一気に進めたい私には、電気の残量を気にしなくていいAC電源式がぴったり。最後までパワーが落ちない上に電池がない分軽いことも気に入っています。

同じくテスコム派の編集チームのメンバーからもこんな声が:
「毛玉のあるなしで、くたびれた感じから一気におろしたてに戻ったくらいの違いがでるので、さっと手入れできるアイテムを買って良かった〜と痛感しています。細かい毛玉もごっそり取れます。(ライター都築)」

「毛玉だらけだった3人掛けのソファの毛玉が取れて、想像以上にきれいに。ソファの買い替え時期まで仕方なく使っているという感覚が随分と減りました。(ライター長谷部)」

【片づけのプロのもの選び】いちばん使える毛玉取りはこれだ!

一方コードレス派&充電派からはこんな声も:
「使いたいときにすぐに処理できるし、コードがあると自由に動かせないので、やはりコードレスが便利。もし買い直すことがあってもコードレスにすると思います。(ライター原田・電池式『泉精器製作所 毛玉とり器 毛玉カット とるとる ピンクKC-NB-34-P』を使用)

「テスコムも考えましたが、コードを気にせず使えるので気に入っています。コードレスで使ってもセーター1枚の毛玉を取るくらいなら十分です。(ライター吉川・充電式『泉精器製作所 毛玉とり器 毛玉カット とるとる ベージュKC-NW74-C』を使用)

■ブラシで毛玉の発生そのものを予防!

電動式はとても便利ですが、「夢中になってやり過ぎて穴…というパターンになりそう(ライター長谷部)」という声も。確かに大切な衣類に穴が開いてしまっては、元も子もありませんよね。さらに、毛玉をとりすぎると生地が痩せてしまって風合いを損なう、なんて話も耳にします。

そこで、大切にしたい服に使いたいのが洋服ブラシ。着るたびに軽くブラッシングすれば、毛玉自体を予防してくれますし、ホコリや花粉も落とせます。個人的には「ちゃんとしている人っぽい雰囲気」が出るところもお気に入りです!

【片づけのプロのもの選び】いちばん使える毛玉取りはこれだ!

私が使っているのは「KENT」の「静電気除去ブラシ ラージサイズ KNC-3623」。ブラッシングのコツは、ブラシを服に軽く当てること。ある程度の重さがある方が、無駄な力が入らないように感じて、あえて大きめを選びました。

編集チームのメンバーからはこんな声も:
「雑誌に掲載されているのを見て、もともと知っていました。お店に行って店員さんにどのブラシがいいか相談したら、その店員さんも同じブラシを勧めてくれたのでこれに決めました。(編集長さいとう・『KENT 静電気除去ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422』を使用)」
詳しくはこちらで:
・UNIQLOでもJOHN SMEDLEYでも、お手入れは同じ!毛玉を防ぐ2つのブラシ

「機能性、コスパ、見た目を総合的に判断しました。毛玉をほぐして美しく保つという目的にかなうベストな一品を手に入れたと思います。(ライター都築・『ブラシの平野 洋服ブラシ携帯用』を使用)
詳しくはこちらで:
・毛玉の取り方 びっくりした洋服ブラシの効果!毛玉が防げる、毛並みが整う。

■素材にやさしい毛玉とりはこれ!

ブラシで予防をしても、やはり毛玉ができることはあります。そんなときは、糸切りばさみを使ってちょこちょこカット。 ふだんからブラシでケアをしていれば、そこまで大量の毛玉はできないので、面倒臭がりの私でもなんとか頑張れます(がんばれないときは、電動毛玉取りに助けてもらいます)。

【片づけのプロのもの選び】いちばん使える毛玉取りはこれだ!

編集チームでは、チーフエディター白石、エディター中村、ライター国分がハサミ派。不思議なことにハサミ派からは「そもそも気になるほど毛玉ができない」という声が多く聞かれました。毛玉がすぐにできる私には信じられません! 毛玉ができにくい生活習慣などもあるのかもしれませんので、判明しましたら記事でご報告しますね。

ちなみにライター国分からはこんな声も:
「安物の洋服の場合は、毛玉ができたら手放して、必要であれば買い替えてしまうこともあります!」

なるほど!確かに「すべてのものに手をかけることはしない」という選択もありですよね。

■結局いちばん使える毛玉取りって…

電動式、ブラシ、ハサミ3種類の毛玉取りを見てきました。どのタイプにもメリットデメリットがあります。だからこそ、毛玉取りを手に入れる前にこれらのことを考えてみてください。

①何の毛玉をとりたいのか(ニット、ジャージ、ソファなど)
②どれくらいの分量なのか(ニット1枚、ジャージ2〜3枚、3人掛けソファ全体など)
③何を求めているのか(一気に進めたい、繊維をできるだけ痛めたくない、軽さ、自由に動かしたい、とにかくごっそり取りたいなど)

すると、おのずとあなたにあった毛玉取りが見えてくるように思います。お気に入りの服をいつでも良い状態で着られるように。あなたにぴったりの毛玉取りを探してみてくださいね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 会田麻実子
ブログ:小さく暮らす。 

Share Button