回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

今日は、神奈川県横浜市在住のライフオーガナイザー宇高有香さん宅の洗濯物事情をご紹介します。3年半という月日をかけて建てた戸建て住宅で、ご主人、ふたりのお子さまといっしょにお住まいです。

小さい子どもがいると、洗濯は、もちろん毎日という方も多いのでは?「できる限り、楽チンに洗濯をしたい!」と、宇高さんが試行錯誤して作り上げた仕組みがあります。

宇高邸では2階にバスルームや洗濯機があるので、帰宅した子どもたちの洗濯物をどうやって2階に持って行くかがポイントでした。子どもたちに持って行ってもらうのは難しい。けれど、何度も往復するのは面倒。

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

まず、子どもが帰宅したら、玄関前の階段を上がって・・・。

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

1階の畳コーナーにあるグレーのバッグに、子どもさん自身に洗濯するものを入れてもらいます。そのほか、1階で出た洗濯物はこのバッグに入れて、1日の最後にまとめて2階へ移動!何度も2階へと往復する手間がなくなり、楽になりました。

■洗濯⇒干すは、動きません

夜に洗濯することの多い宇高さん。洗濯後は、すぐ横のバスルームに洗濯物を干して乾燥機を回すので、移動はほんの2歩程度。

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

洗濯したものを持って移動する必要がないので、面倒くささも半減。洗濯が終わったら、すぐ干すことができます。

また、洗濯機が置いてあるバスルーム前の廊下には、洗濯物用のハンガーを常備。

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

どこかにハンガーを取りに行くこともないので、こちらも、移動を少なくするひとつのポイント。

■乾いた洗濯物にも、手間をかけない

“洗濯で苦手なこと”として、あげられることが多いのが、“洗濯物をたたむ”こと。
宇高さんの家では、乾いた子どものパジャマは、たたまず、洗濯機の上にポンと置くだけ!

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

お風呂から出たらすぐに着るので、美しくたたむことも、どこかに収める必要もありません。

さらに、乾いた洋服は、ハンガーラックタイプのクローゼットに掛けるだけ。

回数と距離がポイント。子どもの洗濯物は、動線が命!

ひと目でわかるので、子どもたちが自分で洋服を選ぶのも簡単です。洋服を外して残ったハンガーは時折回収して、バスルーム前の廊下に洗濯物用としてセッティング。

洗濯する人にも、子どもにも、できるだけストレスをかけないよう、移動する回数や距離を減らすことで、洗濯の手間と苦手意識が、減るかもしれません。あなたの洗濯動線に、減らせる手間はありませんか?

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

片づけ収納ドットコムのLINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 宇高有香
ブログ: 丘の上の家

記事:白石規子
写真:1 さいとうきい/2,3,4,5,6 白石規子

Share Button