【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの原田ひろみです。

ライフスタイルが変化したとき、今までできていたことができなくなる経験はありませんか?

家族が増える、仕事を始めるなどいろいろなきっかけがあると思います。わが家も子どもが生まれ、フルタイムで働く生活から専業主婦へライフスタイルが変わったとき、暮らしの変化に対応できず不便になり、数年前に家全体を見直しました。

押入れ、ウォークインクローゼットに続き、今日は、使いやすく快適になったキッチンの実例をご紹介します!

【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

以前の記事はこちら:
・【押入れ編】紙に書き出すのがコツ! 使いやすいモノの配置の見つけ方
・【ウォークインクローゼット編】奥行きが深くて使いにくい洋服収納を“管理できる一括収納”の納戸へ

■Before:いつまでも片づけが終わらないキッチンがストレスに

子どもが生まれてから、初めての育児で毎日バタバタ……。気持ちに余裕がなく、片づけたいけど見直す時間も気力もありませんでした。常にキッチンにはモノがあふれていることが憂鬱で、家族がリビングでくつろいでいる姿をオープンキッチンから見るたびに、「私もソファーに座ってゆっくりしたいのに!」。
いつまでも終わらないキッチンの片づけをしながら、いつもモヤモヤしていたんです(苦笑)。
子どもが2歳の2011年頃のキッチンはこんな状態でした。

【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

そこからモノの見直し、自分に合ったやり方、どうすれば維持できるか、オーガナイズを始めました。

■モノの見直しで気づいた「自分の好きなモノ」

「使えるものはすべて残しておくのが当たり前!」と思っていたその頃は、「どのようにすればすべてがおさまるか?」と収納方法のことばかり考え、見た目だけを整える片づけ方をしていました。そこからオーガナイズの手法でモノを分けて選ぶ作業が大切なことを知り、改めて「よく使っているモノ・自分好みのモノ」を選んでました。すると、「使ってないのになんとなく残していたもの」が、なくてもいいことに気づいたんです。

たとえば、保存容器。
家にあるものをすべて、幅90cmの広いシンク下におさめていましたが、見直してみると幅50cmの食器棚の引き出しに十分おさまる量になりました。

【Before】
【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

【After】
【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

選んでいるときに、「私はプラスチックよりガラスの容器が好き」など、自分の好みがはっきりしていることにも気づきました。選び取ることの大切さがわかり、調理器具や食器、すべてのモノの見直しが終わったころには、モノがあふれて出し入れしづらかったキッチンが使いやすく変わったのです。

■自分に合うのは、「見せる収納」より「時短につながるキッチン」

おしゃれに飾っている“見せる収納”に憧れ、キッチンにはいろいろとモノを並べていましたが、モノがでていることがストレスになることの方が多かったのです。

・キッチンのごちゃつきが気になる
・料理をつくるときの作業スペースが減り、効率が悪い
・掃除がしずらい・時間がかかる。
(ホコリが溜まった状態を目にするたびにゲンナリ…)

効率が悪いこと、モノを移動しながら苦手な掃除をしないといけないことがストレスになり、見せる収納をやめました。キッチンの作業台に並べていた調味料やオイル類は引き出しにおさめ、食器棚カウンターの棚もなくしました。

【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

逆にモノを置かないようにしたことで家事効率が上がり、掃除も以前よりしやすくなって、ぐっと使いやすくなったのです。自分に合った方法に変えたことで、片づけが以前よりも早く終わるようにもなりました。今ではそんなキッチンが気に入っています。

■維持するために「行動のクセを意識して見直しをする」

使いやすさを維持するためにいつも意識していることは、「調理道具や食器を元の場所に戻してから料理をつくる」こと。当たり前のように感じますが、以前の私は、洗って乾燥させた食器の片づけを後回し、出しっぱなしの状態から慌てて料理をつくり始めることが多かったんです。結局、料理の途中で邪魔になって行動がとまりイライラ……。

時間がなくて焦っていても、料理をつくり始める前にまずはリセットすることを習慣にしました。結果として料理をつくるのがスムーズになることは、自分の行動を見直したことで気づいたことでした。

【キッチン編】片づけが終わらないキッチンからくつろぐ時間を生み出すキッチンへ

「私もリビングで早くくつろぎたい!」
叶えたい理想からキッチンの見直しを始め、一度に劇的な変化があったわけではありません。けれども、一つずつ見直しを重ねていくことで、ゆっくりでも時短につながる快適なキッチンに変わることに、キッチンのオーガナイズで気づけました。私はいつまでも片づけが終わらないキッチンから卒業できたのです!

5月は気候も穏やかで片づけをするには最適な時期です。
「今度こそ始めよう!」と思われている方は、まずは一歩踏み出してみませんか?

キッチンのオーガナイズに関連する記事:
「セリア」の「ドレッシングボトル」にナチュラル洗剤!? ○○専用にとらわれないモノ選びで快適に
キッチンで洗い桶を使うのをやめました! 〇〇で代用することでいつも快適なキッチンに
あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 原田ひろみ
ブログ:クローゼットの片づけからはじめる快適な暮らし