こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる!フッ素再加工


おはようございます。
ライフオーガナイザーの濱名愛です。

取っ手が取れるフッ素加工のフライパン。収納しやすく、わが家では長年愛用しています。しかし、1~2年でフッ素がはがれ、買いかえるのがもったいなくて、悩んでいました。本日は、その悩みを解決してくれた、フライパンやホットプレートのフッ素再加工の体験談をご紹介します。

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

■フッ素加工がはがれても、限界までガマンしていませんか?

わが家には、取っ手が取れるティファールのフッ素加工のフライパンとウォック(深さのあるフライパン)があります。いつも表面のフッ素加工は1~2年で取れてしまい、食材がこびりつくようになります。少々はがれが気になっても、油を多めに引いて使い、そろそろ限界というところまできたら、新しいものに買いかえてきました。

そして、買いかえの度に、時間をかけてネットで安いお店を探して注文。数年に1回のことですが、ティファールの商品は種類が多く、その中から、わが家の取っ手に合う商品を探すのが、面倒でストレスだったんです。しかも、表面が傷んだだけで、穴が空いたわけでもないのに、フライパンを捨てるのがもったいない気持ちもありました。

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

■フッ素は再加工が可能! 複数業者をインターネットで比較

そんなあるとき、テレビでフッ素再加工業者がいることを知り、すぐに、インターネットで「テフロン再加工」「フッ素再加工」で検索。すると、たくさん出てきました(*テフロンとフッ素は同じものですが、“テフロン“はデュポン社の登録商標だそうです)。

再加工するのは、鍋メーカーではなく、金属、機械加工会社です。フライパンだけでなく、フッ素加工の調理器具なら、炊飯釜や中華鍋、焼き菓子型なども加工できる業者もあります。わが家では、ホットプレートも傷んでいたので、今回一緒に再加工することにしました。

そして、取っ手が取れないフライパンも一緒に修理したかったのですが、対応不可でした。再加工は焼き釜に入れて熱を加えるので、非金属部品がついていると、変質、変形してしまうそうです。

私は、業者選びのため、数社のウェブサイトを比較しました。加工費用は、業者によって多少前後しますが、往復送料をプラスすると、どの業者も結局差がないように思いました。そのため、体験者のブログ記事もチェックして、対応が良かったという点で好印象だったアルファ技研に決定しました。

アルファ技研:http://www.alfa-giken.net

問い合わせから、再加工までの流れは、次のように進みました。

1.電話問い合わせ

サイズで料金が決まるので、前もって測ったおいたフライパンとホットプレートのサイズを電話で伝えました。すると、ホットプレートの金属ではない取っ手(下記写真の赤枠部分)は取り外し、プレート本体だけを発送するように指示がありました。取っ手のネジが少し固かったのですが、自分で取り外しができました。

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

2.現物を箱詰め、発送

後日、アルファ技研から、電話で見積もり額の連絡がありました。最初の電話で聞いていた価格と変わらなかったので、そのまま再加工を依頼。

3.納期は5週間

発送したのは12月初旬。年末年始で混み合う時期なので、通常の3~4週より長めでした。

4.加工完了と支払い

約5週間後、着払い宅配便で到着。同封の請求書で、受取後2週間以内にお支払い。

■フライパンもホットプレートもピカピカ、なめらか。大満足の仕上がりに

戻ってきたフライパンとホットプレートがこちら。
どちらもピカピカ、すべすべです。

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

再加工の工程で、傷やゆがみが生じる可能性があるそうですが、今回、気になる傷はありませんでした。戻ってきたときは、すすが付着していますが、洗えば問題ありません。

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

再加工にかかったコストと日数は、次の通りです。
・フライパン再加工(直径275mm 深さ51mm) 1900円
・ウォック再加工(直径279mm 深さ85mm) 2100円
・ホットプレート再加工(縦431x横318x高42mm)3700円
・送料往復 約3000円(愛媛県⇄岐阜県)
合計 10700円(税抜)

所用日数: 約5週間(年末年始を含む)

こびりつきが気になるフライパンもホットプレートもよみがえる! フッ素再加工

加工したフライパンとウォックは、新品価格で各5000円前後、ホットプレートは単品で約7000円です。つまり、すべて買い直す場合は約1万7000円になるところ、再加工では6300円の節約になり、ゴミを増やさない選択にもなって、大満足でした。

気になる再加工後の使い心地ですが、もちろん最高です。食品がこびりつくこともなく、油は少なめですみ、健康的。そして、こびりつきがないので、洗いやすく、洗剤も少なくてすみます。ゴミを増やさず、洗剤使用量が減り、地球に優しい選択になりました。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ものを捨てないという発想についてはこちらも参考に:
リデュース、リユース、リサイクル。あなたが始めている「Re」は何ですか?
10月は3R推進月間!今すぐできるリデュース・リユース・リサイクルと、リペア・リフューズの5つのアイデア

LINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 濱名 愛
ブログ:https://ameblo.jp/aimzn