月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート


おはようございます。
ライフオーガナイザーの濱名愛です。

ブランドバッグシェアレンタルの「Laxus(ラクサス)」をお試し体験しています。おしゃれの幅を広げてエコに楽しむ、ラクサスのおすすめポイントと注意点をご紹介します。

■ラクサスのブランドバッグシェアとは?

Laxus(ラクサス)」とは、月々6,800円(税別)でブランドバッグが借り放題のシェアサービスです。一回につき1つのバッグを無期限で借りられます。短期間で他のバッグに交換してもOK、長期間同じものを借り続けるのもOKというサービスです。

スマホアプリで、入会手続き、申し込み、交換手続きができて簡単。申し込みから数日でバッグが到着します。さらに、交換したいときは、使いたいバッグを申し込み、今借りているバッグを返却すると、次のバッグが届くというシステムです。

月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート

そのときの気分、季節、シーンに合わせて、手軽にブランドバッグをとっかえひっかえ借りることも可能。いろんなバッグを楽しみたいファッション大好きな方や、飽きっぽい方にもおすすめのサービスなんです。

■使ってみて実感!3つのエコ

私が、実際にラクサスを体験してわかったのは、3つのエコという特徴があることです。

1. お財布に優しいエコ

購入すると、一つ数万〜数十万円の上質なバッグを、月々6800円(税別)の会費で、あれこれ気軽に楽しめるのは、レンタルならではですよね。

2. 保管スペースを節約できるエコ

たくさんバッグを持っていて、これ以上買うには保管スペースが足りない。または、もう使わないものを手放したいけれど、高かったから迷う……、という方でも、レンタルなら安心。保管スペースの心配がいりません。ただし、レンタルした商品を入れた箱は、返却時も使うので、保管スペースが必要です。

私は、写真のように、ウォークインクローゼットの奥に箱を置き、その上にバッグを置いています。ふだんのバッグ置き場は、玄関横の階段の上り口ですが、他の荷物も置く場所なので、雑な扱いにならないように(笑)、クローゼットに置くことにしました。

月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート

3.地球に優しいエコ

せっかく買ったバッグも、すぐに飽きたり、使う機会があまりないままでクローゼットに眠らせていると、もったいないですよね。地球環境にも優しくありません。バッグのシェアで、資源を大切にできます。

■私、失敗しませんので!

もう一つ、シェアを利用する大きなメリットは、買うのではなく月会費でレンタルだから、失敗とは無縁!ということです。

私は、バッグのデザインや色はもちろん、雰囲気、コーディネイトしやすさ、大きさ、重さ、ポケットの位置など、機能性もかなり細かく検討してバッグを選びます。そのため、購入して使いづらいと感じると、ショックがかなり大きいんです。

そんな私でも、ラクサスのサービスなら安心して気軽に試せます。実物を使ってみて、自分に合わなくても、すぐに返却、交換すればOKですから、失敗はありません! この安心感は、意外に大きかったです。また、ふだん買わないような冒険の色やデザインのバッグにも挑戦できることも、魅力の一つだと思います。買う前提だと、無難でベーシックなものばかりになりがちなので。

私がラクサスで最初に選んだバッグは、ふだん使うものよりも、大きめのトートバッグでした。アプリ上で、写真や詳細を細かくチェックして、「よしこれだ!」と申し込んだのですが、容量が大きくなった分だけ、荷物を増やしてしまい、重くて持ち歩きにくいことに、あとで気づきました。私には、大きいバッグに荷物を控えめに入れて使うということが難しい、と気づかされました(笑)。

月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート

その次は、お財布など必要最低限のものを入れる、ショルダーバッグをレンタル。今まで使ったことがない大きさと形でしたが、意外に使いやすいことを発見しました。ただ、フタやファスナーがないので、ちょっと私は落ち着かなくて、次回は、同じくらいの大きさで、口が閉まるタイプをレンタルする予定です。

月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート

ラクサスは月単位で入退会自由。ずっと借りるのではなく、特別なパーティーなど、必要なときだけ入会したり、 購入前に試したいバッグがあるときだけ会員になって実際に使ってみるのもアリだと思います。

■使って気づいた注意点

気軽にお試しを始めたラクサスですが、いざ使い始めてみると、使用中に傷をつけたり、汚したりしないか心配になりました。特に最初は、白い大きなバッグだったので、どこかにぶつけないか、荷物を入れすぎて、持ち手がちぎれるのではないかと気を使いました。

規定では、通常使用での軽い傷や汚れはOKとあります。けれども、傷みや汚れがひどいと、修理代を請求される場合もあるようなので、丁寧に扱うのは基本ですね。

ラクサスの使用上の注意として、「化粧品はポーチに、ペンはペンケースに入れて、匂い移りがするものは入れない」「シミの原因となる液体ボトルなどは入れない」「衣類からの色移りを避けるため濃い色の洋服は気をつける」などが記載されています。

月々定額でエコに楽しむブランドバッグ Laxus(ラクサス)体験レポート

借り物なので当然の気づかいだとは思いますが、私はそそっかしいので、以下の3点を特に気をつけようと思っています。

1. 白っぽいバッグはできるだけレンタルしない
2. いつも持ち歩く水筒やペットボトル類は入れない。
(自分のバッグの中で、こぼしたことが何度かあります)
3. ペン、化粧品は直接入れない。

シェアでモノを大切に使う意識を持ちながら、バッグを楽しむ参考になればうれしいです。

シェアサービスに関する記事はこちら:
【使ってみました!第一弾】これでバッグ収納に悩まされない?バッグレンタルサービス「ラクサス」(前編)
【使ってみました!第一弾】これでバッグ収納に悩まされない?バッグレンタルサービス「ラクサス」(後編)
カーシェアリングサービスを使ってみた!向いているのはこんな人

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 濱名愛
HP :カタヅケシコウ


タオルの収納と管理