すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

つい先日、テレビの買い替えに伴い、幅2メートルのテレビボードを造作しました。埃が溜まりやすかったり、ごちゃごちゃしてしまいがちなオープン収納ですが、使いやすさは残しつつ、すっきりと見せるためにしているコツをご紹介します。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

■色や素材は3つまで。色のごちゃごちゃを抑える

まずは、取り付けた木材や金具も含めて、置いているものの色を、「白・黒・木目」の3色に絞るようにしました。色のごちゃごちゃが抑えられるので、すっきりと見えます。

・木目

棚板の色にも似た、「無印良品」重なるブリ材長方形バスケット・小 (V)幅約37×奥行26×高さ12cmを2つ並べています。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

以前のテレビ台でも使っていたので、向きを変えてそのまま使い回しできました。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

わが家のキッチンや洗面所などのいろいろな場所で10年以上使い回しているかごも木目色。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

ホームセンターなどでも売られているコンパネで作ったボックスも木目です。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

・黒

この収納ボックスも、以前のテレビ台でも使っていたものを使い回ししていて、中にはカラフルなウェットティッシュの詰め替えなどが入っています。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

子どものカラフルな色のボールも、「タブトラッグス」ゴリラタブ Lブラックに入れて色を抑えています。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

・白

ウェットティッシュケースは、カラフルな色が入っていない白のタイプを使っています。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

機器類は、たまたまシンプルな白でしたので、このまま採用。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

こんなふうに、色を絞るだけで、すっきりと見えます。

■こまかいものはざっくりまとめて目隠し

こまかいものがたくさんあると、ごちゃごちゃと見えるし、ひとつひとつ動かして掃除をするのも大変です。ゆったりと入る大きさのボックスにざっくりと入れておくと、ごちゃごちゃ感が抑えられて、使うときにもボックスごと持ち運びできて便利です。

子どものこまごまとしたゲームグッズをひとまとめに。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

リラックスグッズもまとめてざっくりと。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

一番こまかいものが多い、子どものおもちゃはキャスター付きのコンパネボックスへ。出し入れもしやすく、目隠しもできて一石二鳥です。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

配線の目隠しにも、コンパネボックスが活躍しています。

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

■ラインを揃える

最後に、収納グッズも何も必要なく、簡単に今すぐできるのがこれ。

・斜めに置かれているものをまっすぐに置く
・手前側のラインを揃えて置く

すぐできる!オープン収納をすっきりと見せる3つのコツ

ほんのちょっとしたことですが、整った印象になるので試してみてくださいね。

お部屋をすっきりと見せるコツに関する記事はこちら:
すべてを隠す必要ナシ!ものが見えていても、お部屋をすっきり見せるコツ
リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ
よく使うものはしまわなくてOK!出しっぱなしでも“すっきりインテリア”がかなう3つの技

すべてを隠す必要ナシ!ものが見えていても、お部屋をすっきり見せるコツ

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

よく使うものはしまわなくてOK!出しっぱなしでも“すっきりインテリア”がかなう3つの技

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 前田梨絵
HP : 壁紙から始める新しい暮らし