リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

今日は、北海道札幌市にお住まいのライフオーガナイザー戸井由貴子さん宅のキッチンをご紹介します。

過去の記事はこちら
靴も衣替えしていますか?入れ替え簡単&お掃除ラクチンな靴収納
○○○を付ければ機能的!子どもが「自分でできる」をかなえる玄関収納
『集中収納』が管理しやすさの秘訣!洋服は家族全員分をクローゼットに。
高い?低い?住まう人に高さを合わせて、クローゼット利用を効果的に
収納スペースも工夫次第でスモールオフィスに。勉強机と兼用できる快適空間
子ども部屋はなくてもOK?!造りつけの収納棚でつくるキッズスペース

2Fのフロア全体をつかった、自然光あふれるオープンキッチン&リビングダイニング。すべてを見渡せる空間だからこそ、キッチンは美しく見せたいものですよね。

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

キッチンカウンターとその奥にあるパントリーには、食器、家電、食材などのほとんどが収められています。キッチンカウンターには何も置かれておらず、スッキリ!

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

パントリーの扉を開けると、ご覧のとおり。結構いろいろなものが入っていますが、収納用品を白で統一することで、扉が開きっぱなしになっていても美しい見た目となっています。

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

白い収納用品に入れてしまうと、「中身が見えない」「何が入っているかわからない」ということも。そのため戸井さんも、ボックスの下部にラベルプリンタで作成したラベルを貼っています。小さなラベルなら、見た目にもうるさくありません。

右下のインスタントコーヒーなどはご主人もよく使われるので、あえて見えるように、購入したときの容器のまま、置いてあるそうです。『使う人に合わせてパッケージや置き方を変える』ことで、「あれはどこ?これはどこ?」をなくすことができますね。

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

小2の娘さんが持って行くお弁当グッズも、ひとつの箱にまとめて収納。中はザックリ収納ですが、「ここさえ見れば、お弁当グッズがすべて入っている!」ので、あちこち探し回ることもありません。見えないところの見た目の美しさは必要なし!と割り切っているそう。

学校からのお知らせやプリント類は、冷蔵庫の側面に貼り付けて。『冷蔵庫の正面に貼らない』ことで、空間をスッキリと見せています。

リビングダイニングから丸見えなオープンキッチンをスッキリ見せるコツ

ここでわたしたちエディターチームが注目したのは、冷蔵庫横のボックスに無造作にくっついている、『ヘアピン』。「小2の娘さんのヘアアレンジをする際に、ダイニングですぐに使えるように」との理由でここにペタリ。キッチンスペースにマグネットで貼り付けるなんて、「洗面所に行かなくてもいいし、探さなくていい画期的なアイデア!」とひとしきり盛り上がったのでした。

ひとつひとつの小さな工夫の積み重ねが、空間をスッキリと見せてくれることが分かる、でも使い勝手も良いステキなオープンキッチン&リビングダイニングですね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 戸井由貴子
ブログ:単純明快!自分と暮らしの整理整頓

記事・写真:白石規子
編集:髙原真由美