カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利


おはようございます。
ライフオーガナイザーの南方佐知子です。

鍋の季節に大活躍のカセットコンロ。わが家ではキャンプ用のカセットコンロと兼用しています。冬場はキッチン、春から秋にはトランクルームへと、季節によって収納場所が変わる、わが家のカセットコンロの収納法を紹介します。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

■鍋シーズンは、キッチンの2軍スペースに収納

本来は、ガスコンロの下の土鍋を置いている場所に収納したいのですが、ここにはもう置く場所がありません。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

そこで、隣のシンク下の、あまり使わない2軍の調理グッズと一緒に、箱から出して収納しています。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

カセットボンベも一緒の棚に3個ストックしています。そのまま置いていますが、取り出すのも在庫の管理も便利です。最後の1個をコンロにセットしたら、購入するようにしています。

偶然ですが、棚のスリットの部分にボンベの丸みがはまって、転がらず安定しています。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

■季節が変わると、カセットコンロの収納も移動

冬の鍋シーズンが終わると、カセットコンロはマンションの敷地内にあるトランクルームに移動します。ここでは、アウトドアグッズを置いている棚に収納しています。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

キャンプで使うときには、箱の中に入れて移動したほうが便利なので、空き箱は捨てずに置いています。空き箱を置いておくと、収納場所の目印にもなり、他のものが増えてもカセットコンロの場所は必ず確保できます。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

収納場所が変わっても、収納グループでまとめてあげると、どこに収納したか把握しやすいです。

カセットボンベは室内用と兼用せずに、ダイソーの「積み重ねボックス 大・深型」に入れています。ちょうど6本がピッタリ入る大きさです。ここに置いてあるカセットボンベは防災備蓄も兼ねているので、なるべく3〜6本は常に常備しているようにしています。

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

■カセットコンロの使用期限は、約10年

実は今までは、室内用とキャンプ用の2台を使用していましたが、カセットコンロの使用期限が実は10年と知ってから、室内用で使っていた20年以上前に購入したものを処分しました。
参考:一般社団法人日本ガス石油機器工業会

室内用に新しく購入を考えていましたが、わが家ではキャンプで使うのは4月から11月頃まで、家で使うのは11月〜3月頃までなので、1台で兼用できると気がつきました。あわてて買わなくてよかったです!

カセットコンロはインドアとアウトドアの両方で使いたい!収納場所は季節で変えると便利

2台あったものが1台になったので、不便になるかと思いましたが、今のところ不便は感じていません。キャンプ用に購入していたのは、高さが低いタイプだったので、逆に便利になりました。

使う時期を考えると、1つのカセットコンロで足りることに気がつき、ものを増やさなくてよかったです。収納場所が移動しても、使うときに近くなるので便利です。

カセットコンロの収納記事はこちらも参考に:
お鍋グッズはひとまとめにして、ラクちん収納
セットで収納したいカセットコンロ用品、「無印良品」のソフトボックスならすべてが入る!
ホットプレートやカセットコンロはどこに収納する?使いやすくしまえる場所探しのポイント

お鍋グッズはひとまとめにして、ラクちん収納

セットで収納したいカセットコンロ用品、「無印良品」のソフトボックスならすべてが入る!

ホットプレートやカセットコンロはどこに収納する?使いやすくしまえる場所探しのポイント

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 南方佐知子
ブログ : 古くても狭くても一緒に見つける家ごこち