【やめてみた】1部屋に1個が当たり前?ゴミ箱を減らしたら家事が楽になりました


おはようございます。
賃貸2LDK集合住宅に住む共働きライフオーガナイザー金田友美です。

ゴミ箱はいくつ使っていますか? わが家は大小合わせて6つのゴミ箱を使っていました。

先日、リビングのゴミ箱が壊れてしまったことをきっかけに、家中のゴミ箱を点検し、数を3つに減らしてみました。するとゴミ箱がない不便さより、家事が楽になるメリットがとても大きかったのです。

本日は減らしてみて楽になった家事ラクアイデアを紹介します。

【やめてみた】1部屋に1個が当たり前?ゴミ箱を減らしたら家事が楽になりました

■ 減らして発見。ゴミ箱は少ないほど回収が楽ちん

ゴミ箱を減らしたきっかけは、リビングのゴミ箱に子どもが乗って遊んで壊したことでした。早急に新しいゴミ箱を買わなくては!と思いながらも日々の忙しさに流されて、何日も経過してしまいました。

ところが、この間リビングにゴミ箱がなくても、家族を含めて意外と困らないことに気づきました。リビングで出たゴミは、歩いて数歩のキッチンに吊るしてあるゴミ袋に捨てることで問題解決です。

【やめてみた】1部屋に1個が当たり前?ゴミ箱を減らしたら家事が楽になりました

ゴミ箱が減った分だけ、ゴミ回収が楽チンになりました。ゴミ袋交換や、ゴミ箱の洗浄の手間自体もなくなりました。ちなみにわが家のゴミ担当は夫です。ゴミ箱が減ったことにより、担当する家事が減ったので、夫から大好評です(笑)。

■ 「本当に必要?」当たり前においていたゴミ箱を見直しました

わが家のメインの場所でもあるリビングに、実はゴミ箱は必要なかった……。これをきっかけに、今まで1部屋に1つ、当たり前に置いていたゴミ箱の存在を疑うようになりました。

結果、ゴミ箱の使用頻度が少ない寝室、仕事部屋のゴミ箱も撤去しました。この2部屋でたまに出るゴミも、リビングと同じように歩いて数歩の洗面所、キッチンのゴミ袋に捨てることで解決しました。

こうしてわが家のゴミ箱は洗面所、キッチン、資源ゴミ用と、3つになりました。

【やめてみた】1部屋に1個が当たり前?ゴミ箱を減らしたら家事が楽になりました

小さい家なので、どの部屋からもゴミ箱へのアクセスは簡単です。狭小住宅のメリットを存分に活かしています。

■ちょっとだけ必要なときは100均一アイテムが大活躍

ゴミ箱が3つに減ったわが家ですが、リビングで子どもが工作するときや、風邪をひいて寝室でティッシュを使いたいとき、仕事部屋に一日籠る日など、いつもは不要だけれど、「今日はすぐ手が届く場所にゴミ箱があったら便利だな」というときもあります。

そんなときはライターの東風平さんが紹介していた自立型ゴミ袋を使用しています。わが家の近くのseriaにも同じタイプの商品がありました。
>>>ダイニングテーブル上のごちゃつきは、ダイソーの「自立型ぷちゴミ袋」で解決!

ダイニングテーブル上のごちゃつきは、ダイソーの「自立型ぷちゴミ袋」で解決!

【やめてみた】1部屋に1個が当たり前?ゴミ箱を減らしたら家事が楽になりました

使用したティッシュなどを入れた場合はそのままゴミ箱へ、ゴミ袋が汚れない場合は中身だけ捨てて、再利用しています。イレギュラーで使用するときだけ使えて、見た目もオシャレで気分も上がる超便利アイテムとして大活躍中です。

減らして楽になるアイデアはこちらも参考に:
3つの「減らす」でストレス削減!栄養バランスも叶える時短ごはん
苦手なアイロンがけは「減らす」「集中する」方法に切り替えて楽ちんに

3つの「減らす」でストレス削減!栄養バランスも叶える時短ごはん

苦手なアイロンがけは「減らす」「集中する」方法に切り替えて楽ちんに

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 金田友美
ブログ : it’s cozyわたしのすきなくらしかた


クローゼット