苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法


おはようございます。
クローゼットオーガナイザー、元アパレル店長の柴田敦子です。

「好きだけど似合わない色」ってありますよね。似合わないとわかっていても、着たいし手放すのは忍びない!そんな洋服を着るためにしている、ちょっとした工夫をお伝えします。

苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法

■肌との間に白を挟んで、顔映りを明るくする

顔のすぐ近くに苦手な色や柄があると、「似合わない感」が目立ちませんか? 私はベージュが好きですが、着ると顔色が悪く見えるタイプです。そのため、ベージュをトップスに着るときは、白いTシャツやブラウスを中に着るようにしています。肌との間に白を挟むことで、印象が明るくなり、顔映りが良くなる気がします。

苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法

袖からも少しだけ白を出すことで、全体に色のバランスが落ち着きます。

そのほか、得意な色や柄のスカーフやストールを巻いて、苦手な色が顔と近くなりすぎないようにしています。

苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法

「似合わない色は手放そうか」と思ったこともあるのですが、得意な色と組み合わせて、気にせず活用しています。

■苦手な色や柄は、顔から遠い場所・小面積で取り入れる

顔から少しでも遠い場所、スカートやパンツなら、顔映りを気にしなくていいので、似合わない色でも着たい洋服は、ボトムスで取り入れるようにしています。

また、私の場合はとくに柄物が苦手で、どうしても無地の洋服ばかりが増えがちでした。柄物を着るのは勇気がいるので諦めて、靴やバッグなど小物で楽しんでいます。

苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法

少しぐらい派手でも、小さい面積なら冒険しやすく、コーディネートの幅が広がりました!

■好きな色は我慢せず、部屋着で思いきり楽しむ

「好きな色」は、「似合う色」ではないかもしれませんが、見ると癒されて、テンションが上がります。近くにあると安心したり、嬉しくなる色なので、部屋着やパジャマは好きな色柄を選んでいます。

苦手な色でもあきらめない!「好きだけど似合わない色」の洋服を活用する方法

「どう見られるか?」は気になるところですが、誰の目も気にしなくていい家なら思いきり楽しめます。身につけるものでなくても、化粧ポーチやインテリアなどで、好きな色柄を取り入れるのもいいですよね。

パーソナルカラーや骨格診断など、「似合う」を見つける方法はたくさんあり、参考になりますが、「似合わないから」と言って着ないのはもったいない!自分の「好き」を大切に、手持ちの洋服を活用したいと思っています。

コーディネートが楽しくなる記事はこちらも参考に:

「着る服がない」から「コーデが楽しくなる」へ。クローゼット整理の3つのポイント

洋服のムダ買いゼロ!コーディネートも買い物もラクに楽しく「なりたい私」になれる方法

“着たい服”だけが詰まったクローゼットづくりに挑戦(その2)7カ月後のクローゼットはどうなった?

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 柴田敦子
ブログ:クローゼットから整える 余白のある毎日


クリスマス