身近なリユース! レジ袋を持って買い物に行こう♪

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの都築真未です。

今月の片づけ収納ドットコムのテーマは、使い捨てしない暮らし「リユース」について。そこでわが家の身近なリユースをご紹介します。

買い物でもらうレジ袋、どうされていますか?
環境に優しいエコバッグを持参する方も増えているようで、近くのスーパーでもレジ袋が有料になりました。

わが家もエコバッグを買おうと何度か手に取ってみたものの、パッグにつく肉や魚の水分が気になって、結局買わずじまい。レジ袋をメインに使ってきました。それでも「少しでもできることを、そして収納スペースからはみ出すレジ袋を何とかしたい!」と始めたのが、レジ袋のリユース!

■レジ袋を持って買い物に行こう♪

「リユース」といっても、もらったレジ袋を次の買い物に持っていくだけ、とっても簡単です。

買い物はまとめ買いが多いので、バッグにレジ袋3つ、小さな布バッグ1枚を入れていきます(布バッグは主に肉魚以外の重いものを肩がけするのに使います)。

身近なリユース! レジ袋を持って買い物に行こう♪

実はスーパーの袋は意外と丈夫! 重いものを入れても2、3回は使えることが多く、軽いものならそれ以上、繰り返し使えます。数回に一度もらうだけにすれば、エコにも少し貢献、袋代も浮きます。収納スペースからもあふれにくくなりました。

■しまうときはわかりやすく分けて、忘れない場所に

買ったものを出したら袋をチェック。破れたり、汚れたりしていなければたたんでしまいます。このときに、次の買い物に持っていける袋と、別の用途に利用する袋とに分けておくと、分かりやすくて迷いません。
うちでは仕切りの奥が買い物用、手前はそれ以外の小さなサイズや薄手のものが入っていて、手前はカウンターに置いて調理中のゴミをまとめたり、洗面のゴミ箱の袋として使ったりしています。

身近なリユース! レジ袋を持って買い物に行こう♪

収納場所は、冷蔵庫までの通路にあるキッチン手前の収納棚。
買い物前には冷蔵庫をチェックするので、その通り道なら気づきやすく、ゴミ袋として取り出すときも、キッチン、洗面所ともに近くて便利です。

身近なリユース! レジ袋を持って買い物に行こう♪

■レジ袋のたたみ方はこれが楽できれい!

できることなら、美しくコンパクトに、持ち運んだり収納したりしたいレジ袋。小さくきれいにたたむ方法といえば、端を三角形にしてくるくるとたたんでいく方法が浮かびますが、これが面倒で続きません。そんなとき、一見このやり方でたたんだようにきれいに見えて、楽にまとまる方法に気づきました! それがこちら。

身近なリユース! レジ袋を持って買い物に行こう♪

レジ袋を縦に細長く折りたたんだら、半分に折ります(1)。あとは端を持ってくるりと回して(2)三角形を作るように重ね(3)、重なった部分を押し込めば完成!(4)。 すぐにきれいにまとまります。

少しでもできることを始めてみると、気持ちも収納スペースもすっきりしました♪

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地よい暮らしづくりに役立てればうれしいです。

ライフオーガナイザー都築真未
ブログ:楽にシンプルで美しい家づくり

Share Button