毎日の調理時間を短縮! 野菜のカット&冷凍保存で時間を生み出す

Share Button

おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

2016年から働き方が変わり、平日はほぼ、オフィスに出勤しています。つまり、朝家を出て、夜に帰宅する毎日。夕食の支度も、“時間をかけられないし、かけたくない”“野菜を切ることすら面倒”“材料を上手に使いきれない” など、自宅で仕事をし、自分のペースで動けていた以前にはなかった、さまざまな問題が浮上したのです。

そこで、限られた時間を少しでも効率よく使えるようにしたい!と、週末に、その1週間に使う材料の下ごしらえをすることにしました。

■食べきれなかった食材を、無駄にしない

夫とふたりだと、4分の1を購入しても余ってしまう白菜。以前はさらに半分にカットして、冷蔵庫で保存。あっという間に葉が開いて、美味しくなくなってしまっていました。

毎日の調理時間を短縮! 野菜のカット&冷凍保存で時間を生み出す

洗った白菜の水気はしっかりと切り、芯は細目に、葉っぱはザクザクとカットして、フリージングバッグへ。そのまま冷凍庫に入れて保存します。炒め物にも、鍋にも、そのまま使えて便利。

毎日の調理時間を短縮! 野菜のカット&冷凍保存で時間を生み出す

■大物の大根だって、1本買って冷凍しちゃいます

おいしそうな大根があれば、まるごと買わずにはいられません。以前は冷蔵庫の中で一夜干しのごとく、縮んでいたこともありましたが・・・。

毎日の調理時間を短縮! 野菜のカット&冷凍保存で時間を生み出す

調理で使った残りを、煮物などに使える大きさにカットして、冷凍します。調理をするときには、凍ったまま煮汁に入れてグツグツすればOK。

■冷凍野菜は、すぐに使える手軽さが便利

そして、きのこ。
以前は、冷蔵庫の奥で袋が汗をかき、傷ませてしまうこともありました。椎茸の裏が真っ黒に・・・なんてこともざら。

毎日の調理時間を短縮! 野菜のカット&冷凍保存で時間を生み出す

しめじなど、購入時の袋で冷凍できるものは袋のまま。そうではないきのこはカットし、ミックスして、冷凍しています。炒め物やパスタなど、具材がちょっと寂しいな・・・というときに好きなだけ使えるので、便利。きのこの種類は決めておらず、購入時に安価だったもの。

買い物に行く時間がなくても、冷凍庫にいくつかの野菜が入っていると思うと、気持ちが楽になりますし、帰宅してから、野菜を切るという工程なく調理ができるのは、大幅な時間短縮に。なにより、ラクチンです。

時間があるときのひと手間で、毎日に余裕ができる野菜の冷凍保存。ほとんどの野菜は、冷凍保存できるようなので、今後、さらに種類を増やしてみようかとたくらんでいます。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 白石規子
HP : シアワセの法則

Share Button