長く大切に使いたいカシミアの大判ストールは「特等席」に「マイルール」で収納!


おはようございます。
ライフオーガナイザーの田中彰子です。

今月は、ライフオーガナイザーたちのストール収納法をご紹介しています。第1弾、白石さんの「かける? たたむ? ストールの収納法はひとつじゃないんです」に続いて、今日はわが家の収納法をご紹介します。

今やストールはオシャレに欠かせない存在。今の季節だと大判のストールが、本当に便利です。

カシミアの大判ストールは「特等席」に「マイルール」で収納!

大判ストールのいちばんの魅力は、なんといってもその保温性。素材がカシミアともなると、コート代わりになるほどの温かさです。
2番目の魅力は着脱のしやすさ。寒い屋外から電車や車に乗り込んだときなど、急に暖かくなっても、サッと肩から外せます。足元が冷えるようなら、たたんでひざ掛け代わりにも。
3番目の魅力は収納スペースにコンパクトに収まるところ。もともと四角いものなので、かけるのもたたむのも簡単。コートのようにかさばりません。

そんないいことづくめのアイテム。私も何枚か愛用しています。なかでもお気に入りはカシミアのストール。けれども残念ながら、そんなに気軽に次々と購入できるほどのお値段でもありません。長く大切に使っていくために、私が実践している収納方法についてご紹介します。

帰宅したら…。

カシミアの大判ストールは「特等席」に「マイルール」で収納!

とりあえずかけます。

帰宅後すぐに持ち帰った荷物や着ていた衣類を片づけられないことが、部屋の乱れを引き起こす要因となっている方はいらっしゃいませんか? はい、ご想像のとおり、これまさに私のこと。

ですから、バッグとアウターは、いちばん片づけやすい「特等席」に、いちばん片づけやすい「マイルール」で収納しています。今回のストールの場合、特等席はウォークインクローゼットの入り口付近。マイルールはワンアクションの「かける収納」を採用しました。

春夏物の薄い素材のストールであればこのままの収納でもOKですが、シワがつきやすいカシミアのストールは、湿気がとれた頃を見計らってふんわりたたみ、隣のシャツホルダーに一枚ずつ収めます。

カシミアの大判ストールは「特等席」に「マイルール」で収納!

スペース的に余裕があるのでぎゅうぎゅう詰め込んでしまいそうになりますが、デリケートなカシミア素材のストールはとにかくふんわり感が大切なので、あくまでも一枚ずつ。そうするといたずらに数を増やすこともできませんから、必然的に本当にお気に入りの物だけを厳選して持つようになります。

カシミアの大判ストールは「特等席」に「マイルール」で収納!

オシャレ→便利→楽々収納→お気に入り厳選。なんだかいいスパイラルに入っているような気がしませんか?

厳選されたお気に入りだけが詰まった「夢のクローゼット」が手に入れば、毎朝、時間をかけずにオシャレが楽しめそうです。

「お気に入りアイテムを長く、大切に使いたいけれど、ついあちこちにチョイ置きしてしまう…」という方は、ご自身が片づけやすい「特等席」と、片づけやすい「マイルール」を見つけてみてくださいね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?何をしたいですか?
心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 田中彰子
ブログ:welcome home

【参考】
「マワハンガー」アクセサリー
「無印良品」ポリエステル綿麻混・シャツホルダー

編集: さいとう きい