料理の腕が上がっちゃう?! テーマを決めて自分好みのキッチンづくり


おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

今日は、東京都中央区にお住いのライフオーガナイザーかみて理恵子さんのキッチンをご紹介します。

最近、インテリア雑誌や片づけ関連のWebでよく見かけるのは、“すべて白で統一”されたキッチン。表には何も出ておらず、ときおり目にする色といえばブラックかシルバー。とにかくシンプルなキッチン。

もちろん、白で統一されたシンプルなキッチンもステキなのですが、上手さんのキッチンは“あるテーマ”をもってつくられています。

テーマを決めて自分好みのキッチンづくり

それは、“赤がテーマカラー”ということ。

ご覧のとおり、ラグをはじめ、キッチンで使うアイテムは、赤いものをセレクト!

テーマを決めて自分好みのキッチンづくり

お鍋に鍋つかみ、ピーラーや泡だて器、タオルハンガーまで。白いキッチンに赤いグッズたちがポイントカラーになっていて、まるで海外のキッチンのよう!

テーマを決めて自分好みのキッチンづくり

シンクの反対側に置かれたポリプロピレンの引き出しにも、ご自身で赤いシートを貼っています。もちろん、中に収められた調味料ケースのフタも、赤で統一。

「美味しいものが大好き! 食べに行くのも、作るのも」というかみてさん。「赤って、食欲がわく色だと思うんです。だから、キッチンに赤い色があるといいな、と思って」。キッチンに必要なアイテムはほぼ揃っているものの、今でもお店で赤いキッチングッズを見かけると、ついつい手が伸びてしまうそう。

「ご飯づくりはあまり気分が乗らない・・・」という方もいるかもしれませんが、“自分の好きな色やテーマでキッチンを統一”することで、楽しく、気分よく、調理や後片づけをすすめることができるかもしれませんね。お料理の腕も上がっちゃうかも?!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

以前の記事はこちら
ストールのちょい置き問題に終止符!よく使うものほどシンプルに収納せよ

取材・写真:白石規子

ライフオーガナイザー かみて理恵子
ブログ:大切なモノとココロの整理収納術
HP:収めるしくみ研究所