1時間でできる!自宅オーガナイズ〜「そっか!だから片づけるんだ!」忘れ物がなくなる小学生の片づけのコツ


平成28年熊本地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

おはようございます。
ライフオーガナイザーの中村佳子です。

今月は、1時間でできる自宅オーガナイズを順番にご紹介しています。前回クローゼットのオーガナイズをご紹介しましたが、今回はわが家の小学生の長男の教科書オーガナイズです。

過去の記事
1時間でできる!自宅オーガナイズ~衣替えが目的ではない!いつでも快適なクローゼットのために

“教科書のオーガナイズ”をするには、時期が中途半端に感じるかもしれません。実は、毎年春休みに前学年の教科書・ノートを整理する時間を親子で取っていました。4月から4年生になった長男。低学年も終わりなので、今年はこちらから声かけをせずに、本人に任せることに。

すると、ゴールデンウィークに入る1週間ほど前。
「3年生の教科書、片づけるから手伝ってー!」と声が上がりました。

シメシメです(笑)
新学期が始まって約1カ月。朝登校直前にバタバタと時間割を合わせたり、一度出てすぐ「〇〇の教科書、忘れてた!」と帰ってきたり……。長男なりに「これではまずい!」と気づいた瞬間があったのでしょう。

まずは、たくさんのものをどのように分けていくのかを一緒に考えて、書き出します。

1時間でできる!自宅オーガナイズ 「そっか!だから片づけるんだ!」忘れ物がなくなる小学生の片づけのコツ

写真のように自由帳とマスキングテープを使ってすると子どもも楽しそう!

自分で最後まで分けられるようにするポイントは、分けるときのカテゴリー。要る・要らないの2種類ではなく、「使いそうなもの」と今すぐ決められないグレーゾーンと、使わないけれど捨てたくない大事な「宝物」のカテゴリーを作ることです。

いざスタート!

1時間でできる!自宅オーガナイズ 「そっか!だから片づけるんだ!」忘れ物がなくなる小学生の片づけのコツ

そばに宝物BOXも一緒に並べておくとイメージが沸きやすいようで、作業もスムーズに進みました。

私は隣で何をしているかと言うと、見ているだけ! カテゴリーさえ本人が分けやすいものを決めることができれば、子どもでも分け切ることができます。

むしろ、口を出さない方がよいのです!

1時間でできる!自宅オーガナイズ 「そっか!だから片づけるんだ!」忘れ物がなくなる小学生の片づけのコツ

特に、宝物BOXはついつい「これを一生置いておくの?!」と口を挟みたくなるのですが、どのみちまた来年開けるのです。「宝箱は1人1つずつだよ」というルールだけ決めておけば、「去年はこれを入れたけれど、今年これを入れたいからもう宝物じゃなくてもいいや」と時間が解決して、子ども自身で折り合いを付けられるようになってきます。

「こんなん宝箱に入れてたわ~。」と去年大事そうにしまったお菓子の包み紙を、今年の長男はあっさりゴミ袋に入れていました(笑)

こうして、教科書やノートも今必要なものだけが残りました。この時点でスタートから27分。1時間かかりませんでしたが、子どもが一人でやるには限界です。

毎日の準備もスムーズ、忘れ物もしなくなった長男。「だから、片づけするんかー」とつぶやいていました。新学期から1カ月、見ているこちらはやきもきすることもありましたが、自分自身で気づき、行動し、感じることが大切ですね。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?
心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

「1時間でできる自宅オーガナイズ」の過去記事はこちら:
1時間でできる!自宅オーガナイズ〜シニアこそ、ウキウキワクワクのクローゼットに! 実際は30分で終了!
1時間でできる!自宅オーガナイズ~安心第一!防災用品の置き場を見直そう
1時間でできる!自宅オーガナイズ~衣替えが目的ではない!いつでも快適なクローゼットのために
1時間でできる!自宅オーガナイズ~狭いスペースでも防災品の在庫管理と補充を簡単に
1時間でできる!自宅オーガナイズ〜いつのまにか溜まった試供品も見直してすっきりした洗面所に!

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 中村佳子
ブログ:おかたづけのじかん