ベッドはどうする? 3人でシェアする子ども部屋


おはようございます。
ライフオーガナイザーの服部 美亜です。

子どもが成長し、「寝かしつけ」卒業となったわが家。親子で寝室を分け、3人の子ども部屋づくりが始まりました。最初にとても悩んだのは、ベッドのレイアウト。3人だからこそ悩んだこと、購入に至るまでをご紹介します。

■3人でも「3段ベッド」を採用しなかった理由とは?

わが家には押入れがなく、布団を全部しまうことができません。「ふわっとたたんで、隅に寄せる」のが今までの日常でしたが、実はごちゃごちゃ感が気になっていました。

フローリングに直敷きだったので、床と布団の間に湿気がこもりやすく、冬は背中が冷たく感じることも。「みんなが快適に眠れること」を目標に、ベッド購入計画をスタートしました。

ところで、「3段ベッド」があること、ご存知ですか? 私はこの選択肢があることで、検討に意外と時間がかかってしまいました。2人用ならここまで迷わなかったと思います。

【3段ベッドによくある特徴】
・最下段ベッドがスライド式、もしくは最下段ベッドだけ低いタイプ。
・全体の高さを抑える代わりに、頭がつかえて座れないタイプ。

子ども部屋は1部屋しかないわが家。将来はベッドを1段ずつにバラバラにし、男女で分けて、再レイアウトするイメージがありました。

限られたスペースにわざわざベッドを買うのだから、「ベッド下」はぜひ収納に利用したい!でも3段ベッドだと…最下段のベッド下だけ、収納スペースに使えません。ベッドに「座れない」タイプも、使いにくそうで嫌でした。

数ヶ月悩んだり、話し合ったりが続きましたが、最終的には「2つに分けられる2段ベッド」+「1段ベッド」の購入を決めました。

ベッドはどうする? 3人でシェアする子ども部屋

■「2段ベッド+1段ベッド」を購入して良かったこと3つ

ここが良かった!その1
2段ベッドだからこそ、3段ベッドよりも高さを抑えることができました。長男(小4)でもなんとか布団を上げ下ろしができ、大助かり!

ここが良かった!その2
子どもたちは「自分専用」の場所ができて、嬉しそう!集中して本を読んだり、布団もわりと整えてくれています。

ベッドはどうする? 3人でシェアする子ども部屋

ここが良かった!その3
2段ベッドに1段ベッドを横付けすることで、1人で寝るのを嫌がっていた末っ子(年中さん)も、「お姉ちゃんの隣」で安心して寝てくれるようになりました。

ベッドはどうする? 3人でシェアする子ども部屋

眠る前の「子どもだけのおしゃべりタイム」も楽しい様子。大人も1日の終わりにホッとする時間を持てるようになりました。1部屋を3人の子どもでシェアする場合のベッド選び。ご参考いただけたら幸いです。

ベッドと収納に関する記事:
2段ベッドは子どもの寝る場所? いいえ、“おもちゃの寝る場所”にしたっていいんです
“もう使わないけれど捨てられない”ゴルフバッグはベッド下へ! 家庭内の平和的解決法、見つけました

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 服部 美亜
ブログ:IHANA LIFE: 心から楽しめる毎日をつくる