一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術


おはようございます。
ライフオーガナイザーの佐藤美香です。

「美味しい食事を楽しみたい」とは思っていても、毎日毎日手の込んだものを作るのは大変……。できるだけ手間は減らしたいし、家族に「飽きた」と言われないようにしたい。一度の手間を最大限利用するためにたどり着いたカレーの冷凍ワザをご紹介いたします。

一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術

■手間は一度に! だからストック分も一緒に作る

一度調理したものを冷凍するのは、「余りもの」だけと思っていませんか? ですが、冷凍庫に入っているものの多くはストック品。せっかく調理するのですから、一度の手間で、当日は美味しく食べて、後日に別の方法で楽しめるようにストックにもしてみませんか?

5人家族のわが家では、カレーを作る際は倍の量の10人分ほど作ります。作った当日はカレーライスとして楽しみ、あとはストック用に冷凍します。

そして、カレーを作った鍋は洗わずに、カレースープを作ります。水と野菜やベーコンなどの具を入れ、コンソメと塩コショウで味つけするだけ。具材も野菜スープセットを入れれば、あっという間にできあがります。
>>>冷凍庫にあると安心♪ 子どもがお留守番をするときの空腹対策

一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術

カレーを作ったあとの憂鬱な洗い物が楽になる上に、1品できるので得した気分になりますよ♪

■冷凍ワザ① 小分けは製氷皿よりラップ+お箸で

冷凍するときは、使うときのことを考えて、使いやすい大きさにすると便利です。

保存容器にラップを敷いたあとにカレーを入れてラップで包み、上からお箸で線を入れて冷凍します。使うときは、線にそって折り、小分けにして使っています。以前は製氷皿を使っていましたが、こちらの方法だと保存容器を洗わずに済むので、楽なこちらの方法に落ち着きました。

一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術

小分けにした冷凍カレーがあると、おにぎりの具にしたり、カレーパンにしたりと、とても使いやすいですよ。カレーパンの生地は、ホットケーキミックスと豆腐で作るとお手軽です。

一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術

■冷凍ワザ② アレンジするなら薄く伸ばすのがおすすめ!

保存容器にラップを敷いて、カレーを薄く広げてラップで包む方法もおすすめです。“薄いシート状のカレー”を、1つの保存容器に2~3段ほど重ねて冷凍します。

一度の手間で2度3度美味しい! ラクするためのカレーの冷凍術

薄くシート状にした冷凍カレーは、パンやピザ生地の上に、そのままのせて焼くことができます。また溶けやすいので、茹でたジャガイモに混ぜてカレー味のコロッケにしたり、あつあつご飯に混ぜてチーズをのせて焼けばカレードリアになったりと、アレンジ自在です。

1から作るのは大変ですが、のせるだけ、混ぜるだけなら、やってみても良いかなと思えます。目指すのは、頑張りすぎずに「やってる風」に見せること(笑)。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 佐藤美香
ブログ:愛家