徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較


おはようございます。
ライフオーガナイザーの吉川圭子です。

100均グッズが安かろう悪かろうなのは過去の話。最近では実用面だけじゃなくて見た目もこだわっている商品が増えてきましたね。

片づけのプロの間でも100均グッズは人気ですが、中でもイノマタ化学製の『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』は使い勝手がよく、片づけ現場でも重宝しています。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

この3種類のバスケット、よく似ているので「どこが違うの? 微妙な違いが知りたい!」というニッチなリクエストがあるかどうかわかりませんが(笑)、違いを検証してみたいと思います。

■サイズはトリムバスケットが気持ち小さめ

まずは外寸(外側のサイズ)です。今回はスリムタイプとワイドタイプの2タイプを取り上げてみました。
※表中のサイズはすべてcmです。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較
(図ではいちばん寸法の大きいものに色をつけています)

サイズはだいたい同じですが、③のトリムバスケットがやや小ぶりといった感じでしょうか。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較
(写真はワイドタイプ3種)

ちなみに、外寸はいちばん大きな寸法を取るので、持ち手の外側から持ち手の外側までが奥行のサイズです。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

続いて内寸(内側のサイズ)です。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

内寸でも③トリムバスケットがいちばん小さめですが、こちらもその差は最大で1.2cm。違いがどのくらいなのか、トリムバスケットの内寸でカットした画用紙を入れてみました。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較
(写真はスリムタイプ3種)

■見た目は三者三様。好みで選んでOK!

次は見た目について。モノを入れた感じが分かるよう、またまた同じサイズの画用紙を入れてみました。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

それぞれの特徴を表にまとめてみたのがこちら。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

見た目は好みが分かれるところですが、

・中身が見えて、ラベルも貼りたいなら①ネームバスケット
・持ちやすさ重視なら指がしっかり入る②ストックバスケット
・スッキリがお好きなら前面フラットの③トリムバスケット

でしょうか。

■台形特有のムダなスペースはあれど、差はほとんどなし

ちょっとマニアックな話になりますが、収納グッズを選ぶときはできるだけムダなスペースが出ないよう、できるだけ四角い形がよいとされています。ですが、100円ショップの収納用品は積み重ねられるよう台形であることが多いです。

今回取り上げた収納用品も、3つとも底の方が2~3cm程度狭まっていますが、3つの間での差はほとんどありません。形状的にはどれもほぼ同じと言っていいでしょう。

徹底検証!片づけでよく使う100均収納『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』を比較

以上、『ネームバスケット』『ストックバスケット』『トリムバスケット』の徹底比較でした!

100均アイテムを使った収納術はこちらにも:
こんな場所や使い方もできた!100均の“突っ張り棒”でもっと収納力アップ
ごちゃごちゃして取りにくい子どものヘアゴムは、100均アイテムを使ってすっきり収納へ
悩ましい資源ごみの分別が、「セリア」のランドリーバッグ1つで解決!

こんな場所や使い方もできた!100均の“突っ張り棒”でもっと収納力アップ

ごちゃごちゃして取りにくい子どものヘアゴムは、100均アイテムを使ってすっきり収納へ

悩ましい資源ごみの分別が、「セリア」のランドリーバッグ1つで解決!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 吉川圭子
ブログ:整理収納手帖