【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決


おはようございます。
ライフオーガナイザー/インテリアコーディネーターの安尾香奈です。

わが子の年齢は、まだまだママのそばを離れられない5才と2才。子どもと過ごしながらの在宅仕事がふえたため、思いきってリビング収納内にワークスペースをつくりました。そのおかげで、小さな子どものいる在宅仕事でありがちな悩みが解消。今回は前編として、収納の中を選んだ理由と、意外なメリットをご紹介します。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

■乳幼児のいる在宅ワークの悩みあるある

乳幼児との暮らしは、待ったなし!日中、仕事しようと別部屋にこもると、子どもたちは寂しくて後追い。では、ダイニングでしようとすると、ママの仕事は子どもにとって興味津々。「さわっちゃだめ!」と怒ってしまうのが、一番のストレスでした。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

ダイニングの椅子にのぼって、くっつき虫状態だから、食器棚の上にパソコンを避難させたりも。結果、いろいろなところに置いて「どこだっけ?」と、探すストレスも増える……。

悩みは、子どもの行動だけでなく、資料や道具をダイニングテーブルに広げると、食事のたびに片づけが必要になること。手早く片づいて、再開しやすくしたいとも思っていました。

そこで、リビングにいれば「子どももテレビを見て落ち着いてくれるのでは?」と思い、リビング収納内にワークスペースを作ってみたのです!

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

■同じ空間、手が届かない場所にワークスペースをつくる

椅子を使わず、スタンディングであれば手が届かないので、いたずらされないことを発見!いたずらする子どもを怒っていたけれど、興味を持つのも当然のことでした。人を責めずに、仕組みを変えてみると、「さわっちゃだめ!」と怒らなくてよくなり、お互いラクに過ごせるようになりました。

ポイントは、子どもと同じ空間にいるけれど、手の届かない場所を見つけること。ママと同じ空間にいるから、子どもは安心してくれたようで、泣くことが減り、私の対応も穏やかになりました。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

おもちゃ収納が足元にあり、ママよりおもちゃに気がそれてくれるのも、思わぬメリットでした!(笑)

■片づけやすく、探さない仕組みづくりでストレス解消

仕事関係のやりかけの書類や道具は、ひとまずここに置くルールと決めたら、あちこち探すこともなくなりました。途中で離れても安心して広げておけるので、やりっぱなしOKで再開しやすく、時短にもなります。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

片づけやすく、探さない仕組みは、子どものいない時間にも効果がありました。一つのファイルボックスに必要なものをひとまとめに、それごと移動して、テーブルとワークスペースを行き来します。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

終わったあとは、収納内に戻すだけでOKです。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

■収納内につくることの予想外のメリット

収納内のワークスペースのメリットは、ものを収めたり、置いたりができることだけではなかったのです。

仕事をしないときには、扉を閉めて、私も、一緒に過ごす家族にとっても、オンオフの切り替えができます。

【前編】収納の中にワークスペース!子どものいる在宅ワークの悩み「さわっちゃだめ!」を解決

また、スタンディングすることがいいストレスになり、仕事だけするように(座るとリラックスして、違うことをしたり、見たりしてしまう…)。扉の内側に立つことで、独立した空間のように感じられ、意外と集中できるのもメリットでした。

人を責めずに、仕組みを変えることで、仕事がはかどり、子どもとの関係も穏やかに。自分の心の余裕につながり、暮らしやすくなりました。わが家なら、どこだと困りごとが解決できるだろう?と部屋を見渡してみてくださいね。

スモールオフィスの記事はこちらも:
家にあるものがこんなに代用できる!期間限定のテレワークスペース
在宅勤務なのに子どもも在宅!非常事態を親子で平和にに乗り切る工夫
収納スペースも工夫次第でスモールオフィスに。勉強机と兼用できる快適空間

家にあるものがこんなに代用できる!期間限定のテレワークスペース

在宅勤務なのに子どもも在宅! 非常事態を親子で平和に乗り切る工夫

収納スペースも工夫次第でスモールオフィスに。勉強机と兼用できる快適空間

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー/インテリアコーディネーター 安尾香奈
HP: ニコズストーリー


タオルの収納と管理