使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット


おはようございます。
クローゼットオーガナイザーの柴田敦子です。

1年前から、洗面所でフェイスタオルをやめて、家族全員ハンドタオルを使っています。家族が使った後の、濡れたタオルを使うのが嫌で始めたハンドタオル作戦でしたが、思った以上にメリットがありました。

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

■ひとり1枚、顔を拭くならハンドタオルで十分

現在、洗面所で使っているハンドタオルは「SCOPE」のハンド7枚セットです(現在はカラー変更しています)。

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

「SCOPE」のサイトを見ると、家族それぞれがハンドタオルで顔を拭いている画像があり、「うちでもやってみたい!」と使い始めました。今まで、タオルはホテルのように同じ色で揃えることにこだわっていましたが、色違いでも同系色のグラデーションなら、並べても違和感がありません。

7枚組プラス、いただきものの紺色のハンドタオル2枚の、合計9枚で回しています。今まで使っていたフェイスタオルは、学校行事などで必要なこともあるので、予備として保管しています。

■ハンドタオルにしてわかった、メリットとデメリット

ハンドタオルはフェイスタオルの3分の1ほどの大きさなので、使う枚数が増えても洗濯物の重量は増えません。サイズが小さいと干すのが楽で、たたむのも楽です。愛用している「無印良品」の「アルミ角型ハンガー フレーム型・26ピンチ/約59×39cm」の幅にサイズがぴったりで干しやすく、乾くのも速い!

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

何より使うたびにタオルを交換するのは衛生的で、気持ちがいいのですが、デメリットもあります。使用済みのタオルを取りかえてくれるほど、息子たちは気が利くはずもなく(涙)、使った後、洗面台近くに放置されることはしょっちゅうです。

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

放置を見つけたら、洗面台の水滴を拭いて、2メートルほど離れた洗濯機に投げ入れています。ちょっとイラっとしますが、洗面所がキレイになる機会だと思えば許せる範囲です。

■トイレのタオル、ハンカチがわりにもハンドタオル一択に

ハンドタオルが快適なので、洗面所以外でも使うようになりました。
まずはトイレの手拭きタオルをハンドタオルに変更。洗面所の顔拭き用と兼用です。

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

さらに、小さすぎるサイズと生地の薄さが好きになれず、収納場所にも困っていた小さなタオルハンカチを思い切って手放し、ハンカチがわりにハンドタオルを持ち歩くようになりました。

ハンドタオルは、洗面所の引き出しに「無印良品」の「重なるブリ材長方形バスケット・小 (V)幅約37×奥行26×高さ12cm」に入れて収納しています。

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

ハンドタオルの用途を分けずに一カ所で管理をすると、とても楽ちん!どの場所でも気分良く使えるハンドタオルは、今のわが家にちょうどいいようです。

タオルの選び方についてはこちらも参考に:
厚手?薄手?タオルの好みが家族でバラバラのときは、どうしたら?
ふわふわ厚手はやめました! 乾きやすくて省スペース、衛生的なタオル選び
バスタオルは使いません! 家族4人、フェイスタオル4枚で暮らす

厚手?薄手?タオルの好みが家族でバラバラのときは、どうしたら?

ふわふわ厚手はやめました! 乾きやすくて省スペース、衛生的なタオル選び

バスタオルは使いません! 家族4人、フェイスタオル4枚で暮らす

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 柴田敦子
ブログ:クローゼットから整える 余白のある毎日