お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター


おはようございます。
ライフオーガナイザーの森麻紀です。

お子さんが小さい頃はリビングで着替えていたけど、今は自分の部屋や寝室などで着替えているというご家庭も多いのではないでしょうか? その当時、リビングで子ども服の収納に使っていた家具は今どうなっていますか? わが家ではキッチンから近い場所に置いていたこともあり、現在は食品収納としても使っています。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

■三段チェストの下段には「お米」を収納

現在小5の娘が2歳のときに購入したローチェスト。当時は、一番下の段にパジャマと下着を入れていました。この写真は幼稚園の頃で、一番奥のオレンジ色のものはプール用の予備のタオルになります。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

この引き出しには、現在お米のストックを収納しています。5kgサイズのお米が2袋ちょうど入るサイズなのです。今は紙袋タイプですが、以前買っていたフィルム製の米袋も同じように入りました。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

スライドレールなので、重いものを入れてもスムーズな開閉ができます。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

右側の小さい引き出しには、靴下が入っていました。今は子どもがスポーツの習い事の後に飲むゼリー飲料を入れています。これは、娘が冷蔵庫に補充します。

■中段は、「ジュース」のストックとゆとりスペース

当時の写真はないのですが、中段には子ども服を畳んで入れていました。110から120サイズに変わる頃、寝室のクローゼットに移動。サイズが大きくなり、出し入れがしにくくなったのと、リビングで着替えることに抵抗を感じ始めた年齢が同じくらいだったので、移動するのにちょうどいい時期でした。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

今は、野菜ジュースか100%果汁ジュースを収納(二段重ねています)。これらは日常でも飲みますが、非常用も兼ねています。

引き出しの奥には、ほぼ使っていないけどまだ小学生なので処分できない鍵盤ハーモニカとそろばんが入っています。そのため手前半分しか収納できませんが、一部は冷蔵庫に入れてしまうのでスペースが足りなくなることはありません。

小さい引き出しは、常時ストックは持たないけど数日で出番がくる調味料などを入れています。今はこれだけ。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

ここには、いただきものを入れることもあります。小さくてもゆとり用の収納スペースがあることで、出しっぱなしになるものが少なくてすみます。

■上段の引き出しは、幼稚園から小学生仕様へ変更

一番上の引き出しは、下の写真のように幼稚園へ持って行くのに必要なものをまとめていました。ここだけは食品ではなく、小学生仕様にして、今も似たような使い方をしています。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

隣の小さい引き出しは、絆創膏が減ってテーピングが増えました(笑)。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

こういったチェストに食品を入れることはあまりしないかもしれませんが、わが家ではとても便利に使っています。

お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター

固定観念にとらわれずに、自分たちにとっての使いやすい収納を考えられるといいですよね。

お米の収納に関するその他の記事はこちら:
【大量の物の収納】30kgのお米の収納について考えてみました
時短と家事シェアのストレス解消におすすめ!“収納と計量を同時にするお米収納”
お手伝いウエルカム! 子どもの利き手に合わせたお手伝いしやすい“お米収納”はここ!!

【大量の物の収納】30kgのお米の収納について考えてみました

時短と家事シェアのストレス解消におすすめ!“収納と計量を同時にするお米収納”

お手伝いウエルカム! 子どもの利き手に合わせたお手伝いしやすい“お米収納”はここ!!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 森麻紀
ブログ : 今の暮らし これからの生活 ~「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


クローゼット