機械オンチでも迷わず選べる収納に!家じゅうのケーブル類を“使い道ラベル”でオーガナイズ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの手塚千聡です。

ガジェット好きな夫の在宅ワークが増えたせいか、わが家で増殖中なのが電子機器のケーブル類です。使っているものはさておき、困っていたのは、ときどき使うものや予備のもの。家のあちこちにしまっていたケーブル類のオーガナイズの進め方と、機械オンチでもわかりやすいラベルについてご紹介します。

■機械オンチな私が苦手だった、ケーブル類の収納

ガジェット好きの夫に対して、私は大の機械オンチ。便利なツールを、調べることなく使えてありがたい反面、いちいち夫に聞かないと、必要なケーブルを探せないのがストレスでした。長らく使ってなさそうなケーブルを処分したくても、何が必要で何が不要か、自分では判断がつかないなんてことも……。

ケーブル類は見るのも嫌な存在でしたが、避けては通れないので、重い腰を上げてオーガナイズすることにしました。

機械オンチでも迷わず選べる収納に!家じゅうのケーブル類を“使い道ラベル”でオーガナイズ
処分前の写真を撮っておらず、こちらは残したケーブル類。見直すと不要なケーブル類もたくさんありました。

■ポイントは、何に使うかがイメージできる“使い道ラベル”

まずは、家じゅうのケーブルを集め、一つ一つ夫に何のケーブルなのかを確認していきました。ところが、夫の使う言葉がまったく頭に入りません!そこで、名前ではなく、何に使うものなのか用途を教えてもらうことに。自分でもわかる言葉に置き換えて、ふせんを貼っていきました。

機械オンチでも迷わず選べる収納に!家じゅうのケーブル類を“使い道ラベル”でオーガナイズ

次に、ほこり避けと絡まり防止を兼ねて、一つずつ「紀ノ国屋」の「スライドジッパーバッグ」に入れました。マスキングテープを使って、わかりやすい言葉でラベルをつけて完了です。

たとえば「HDMIケーブル」は、「ビデオカメラとテレビをつなぐもの」というように、わが家での使い道がイメージできるようにしました。夫には正式名称のほうがわかりやすいそうで、両方を併記しています。

スライダーバッグは木箱にガサッと入れて、納戸のスチールラックにしまっています。

■使用頻度でケーブル収納を分けたら、さらに快適に

“使い道ラベル”で、初めてケーブル類の見分けがつくようになりました。これだけでも随分ラクに探せるようになりましたが、使用頻度に応じてしまう場所を分けると、さらに快適になりました。オーガナイズしてみると、私に必要なものはごく一部なことに気がついたんです。

今は、ワイヤレスマウスの充電に使うケーブルと、パソコンの電池が切れたときに電源につなぐためのケーブル類は、主にパソコン作業をするダイニングに収納しています。

使わなくなったクッションカバーをリメイクしたものに入れて、ダイニングソファー横のワゴンに引っ掛けるだけ。これで普段は余計なケーブル類を目にせず、必要なものだけにアクセスできます。

機械オンチでも迷わず選べる収納に!家じゅうのケーブル類を“使い道ラベル”でオーガナイズ

長らく見て見ぬふりをしていた今回のオーガナイズ。始めてしまえば作業そのものは30分ほどで終わり、その後は迷わず選べるように。ケーブル類に限らず苦手なものには“使い道ラベル”が助けになってくれそうです。

使っているケーブルのごちゃごちゃが気になる方には:
絡まりやすく、ごちゃごちゃしがちなケーブルの配線は、100均グッズでまとめて隠す収納で解決!
ごちゃごちゃするケーブルの悩みは、『浮かす』『隠す』『まとめる』の3つで解決!
電化製品のコード問題、これ1つでコンセントまわりのストレスが激減!

絡まりやすく、ごちゃごちゃしがちなケーブルの配線は、100均グッズでまとめて隠す収納で解決!

ごちゃごちゃするケーブルの悩みは、『浮かす』『隠す』『まとめる』の3つで解決!

電化製品のコード問題、これ1つでコンセントまわりのストレスが激減!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 手塚千聡
ブログ : 不機嫌にならない暮らし~ラクしてシェアして、時間を生み出す暮らし術~