“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法


おはようございます。
ライフオーガナイザーの水谷のぶこです。

キッチンに、「別になくてもいいんじゃない?」とよく言われている、水切りカゴ、三角コーナー、キッチンマットに洗い桶。私も、水切りカゴ、三角コーナー、キッチンマットは、“やめてよかった派”なのですが、洗い桶だけは必要性を感じていて、やめるつもりはありません。

私が「洗い桶はあった方が便利!」と感じている理由と、洗い桶が使われないデメリットはどのように解消しているのか、についてお伝えします。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

■洗い桶を使う理由、ココが便利です

キッチンで洗い桶を使ういちばんのメリットは、「水をためておける」ことだと私は感じています。

食事のあとの使い終わった食器を、食洗機に入れる前に洗い桶につけておけば、予洗いも簡単に、食洗機にセットできます。それに、湯呑みの茶しぶや、布巾を漂白するときも洗い桶につけおきできます。

また、わが家は畑から収穫してくる野菜をよく使います。土をしっかり落としてきれいに洗うには、洗い桶に水をためて洗うのが便利です。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

洗い桶で水をためて使えば、節水にもなるし、冬に手荒れがほとんど気にならないのも、洗い桶を使っているおかげかも!と私は思っています。

■デメリットは“お気に入り”の洗い桶を使うことで解消

使わない人が多い理由として、検索してみると、

・洗い桶を洗うのが面倒
・シンク内で邪魔
・ボールなどで代用できるからなくても不便じゃない

などがよくあげられています。

これらのデメリットを、私は、”自分が気に入った使いやすい洗い桶”を使うことで解消できています。

わが家がずっと使っているのは、100円ショップで売っている洗い桶です。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

愛用している理由は、汚れがひどくなってきたり、壊れたりして買い替えたいときに、私の場合、「値段が100円である」「お店も近くにある」ことで、買い替えやすく、手放しやすいからです。とはいえ、毎食後の片づけの最後にサッと洗うだけで、結構きれいに長持ちするので、そう頻繁に買い替えることはありません。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

使わないときはシンク横のスペースにちょうど置けるし、シンク内に置いても、半分はシンクが使えるサイズ感がわが家にはちょうどよいです。シンクと同じ白い桶なので、見た目も邪魔に感じません。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

野菜を洗ったり、使う食器の量を考えると、ボールで代用するより、洗い桶のほうが底面が広くて、私は使いやすいです。

素材・色・形・折りたためる……など、洗い桶の種類はたくさんあります。シンクのサイズや、収納、手入れのことを考えて、お気に入りを選んで使うことで、快適な「洗い桶のある暮らし」ができています。

“キッチンに洗い桶は必要派”が感じているメリットとデメリット解消法

■やめないほうが快適な場合もあります

モノは少ないほうがいい、減らせることは減らしたほうがいい。と思われがちですが、私は、なくすこと、やめることだけが、快適な暮らしになるとは考えていません。

キッチンの広さ、食器・キッチングッズの数、生活スタイルはそれぞれです。洗い桶があれば便利な家庭もあれば、ないほうが快適な家庭もあります。私(わが家)には必要です。

自分の基準や暮らしに合った、モノの持ち方、使い方が大切ですね。

「やめてみて快適」「やめなくて快適」なことに関する記事:
【やめてみた】まとめ買い・作り置き・小分け冷凍をやめたら楽になりました
元・片づけ下手の片づけのプロが“やめるのをやめた”もの(キッチン編)
キッチンで洗い桶を使うのをやめました! 〇〇で代用することでいつも快適なキッチンに

【やめてみた】まとめ買い・作り置き・小分け冷凍をやめたら楽になりました

元・片づけ下手の片づけのプロが“やめるのをやめた”もの(キッチン編)

キッチンで洗い桶を使うのをやめました! 〇〇で代用することでいつも快適なキッチンに

あなたは生み出された時間で何をしますか。
何をしたいですか。

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 水谷のぶこ
ブログ:寺嫁のんさんのほどよい片づけと暮らしのまわし方