面倒な洗濯前の仕分けは、100均マグネットクリップとセルフサービス方式で楽にする


おはようございます。
ライフオーガナイザーの佐藤美香です。

洗濯物を洗うのは、洗濯機がやってくれる。洗濯物を干す作業は嫌いじゃない。けれども、そこにいくまで、なかなか腰が上がりません。洗濯機に入れる前にやることが多くて、面倒なのです。

そこで、わが家ではセルフサービス方式を取り入れ、仕分けを楽にしています。

面倒な洗濯前の仕分けは、100均マグネットクリップとセルフサービス方式で楽にする

■混ぜるな面倒!混ざらなければ仕分けをする必要なし

洗濯物を干すとき、マスクや靴下やデリケート衣類など、同じピンチに干すものをネットにまとめておくと楽ちんです。ただ、そのネットにまとめる作業が面倒くさい。

家族それぞれが脱いだものを、洗濯カゴに積みかさねていくため、いろいろな種類の衣類が混ざっています。山盛りになった洗濯物から、仕分けするのがたまらなく嫌なのです。

面倒な洗濯前の仕分けは、100均マグネットクリップとセルフサービス方式で楽にする

そこで、脱いだら、その場で仕分けができる方法を考えました。

■余計な道具は増やさない!100均マグネットクリップが便利

わが家は洗面所が狭いため、洗濯物を仕分けるためのカゴなどを置く場所はありません。以前、洗濯機前面にマグネット式のタオルバーを取りつけ、掃除用品をぶら下げていたことがありますが、着替えなどのちょっとした動作でもバーにあたってしまい、ぶら下げていたものが落ちるため撤去。奥行き数センチのバーも、意外と邪魔になるものですね。

そこで、「洗濯ネットを直接取りつけるには?」と考え、マグネットクリップを使ってみました。

面倒な洗濯前の仕分けは、100均マグネットクリップとセルフサービス方式で楽にする

靴下は放り込みやすいように横長の口の広い洗濯ネット(写真下段)、マスクは靴下より小さなもの(写真左上)にしました。デリケート衣類は少量なので、洗濯機にフックを貼りつけ、取手の付いたネットを引っかけるだけにしました。

洗濯ネットをクリップに挟んで貼り付けるのは、やや面倒です。それでも、家族が仕分けてくれるようになったので、クリップに挟むぐらいは許容範囲。自分が思っていた以上に、毎回洗濯物を仕分ける作業が嫌いだったようです。

■続けるためのわが家の仕組み 濡れたまま戻してOK

ところが、便利だと思った洗濯物セルフサービス方式も、度々くずれるようになってきました。原因は、洗濯後に洗濯物と一緒に洗濯ネットも干していたため、洗濯ネットが干されている間に着替えをした家族が、また洗濯カゴの中に放り込むことでした。

面倒な洗濯前の仕分けは、100均マグネットクリップとセルフサービス方式で楽にする

そこで、洗濯ネットは干さずに、濡れたまま戻すことに。替えの洗濯ネットを用意することも考えましたが、使っていないときの保管など、余計な手間が増える気がしてしまいます。もともと薄いものなのですぐ乾き、今のところカビも生えていません(笑)。濡れたまま戻すのは、気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はまったく気になりません。

毎日、必ず洗濯をしています。ほんの小さなことですが、嫌いな作業がなくなった効果は大きいです。重い腰が少しだけ上がるようになりました。

他にも、洗濯の「面倒くさい」を楽にする方法をご紹介しています
夫の靴下をすべて同じにしたら、洗濯・収納・靴下選びがストレスフリーになりました
種類がたくさんあってバラバラな洗濯ネットは、分散収納が上手くいく!

夫の靴下をすべて同じにしたら、洗濯・収納・靴下選びがストレスフリーになりました

種類がたくさんあってバラバラな洗濯ネットは、分散収納が上手くいく!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 佐藤美香
ブログ:愛家


防災計画