キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方


おはようございます。
ライフオーガナイザーの下川美歩です。

高かったり奥行きが深かったり、手の届かない収納は、使いこなすのが難しいですよね。私は背が高くないので、手の届かないキッチン収納がデッドスペースになっていました。

デッドスペースは、あえて「使いこなさない」と決めたわが家の収納の使い方をご紹介します。

■手の届かない吊り戸棚は夫専用スペースにする

わが家のL型キッチンには片側に吊り戸棚がついています。コーナー部分は奥まっていて、身長156㎝の私の手は届きません。取っ手付きの収納用品を入れて踏み台を使っても、出し入れしにくくデッドスペースになっていました。

空っぽの状態が続いたので、ここに何を入れたいのかを考えてみました。すると、料理が苦手で持っているキッチン用品が少ない私には、わざわざここに入れたいものがありません。

高さのあるコーナー部分ですが、身長180㎝の夫なら手が届きます。そこで、夫が買ってきた出張のお土産や、子どもに内緒にしているお菓子などを保管する夫専用スペースとして、自由に使ってもらうことにしました。

キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方

「夫専用だから空っぽになっても気にしない」と決めて、気持ちがすっきりしました。

■手の届かないコーナー収納には出さないものを入れる

作業台下のコーナー収納は奥行きが深く、奥まで手が届きません。広いので、大きなものや高さのあるものを入れられますが、手前のものを移動しないと奥のものを出せないのが難点です。

キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方

いろいろな食品ストックを入れてみましたが、使いこなせず、ここに何をストックしたいのかを考えてみました。すると、スーパーが近くにあるわが家では、ストックは最小限でいいことに気づきました。すぐに取り出せる手前のスペースがあれば充分です。

そこで、奥には、まったく使っていない大きな食器を保管することにしました。夫が独身時代から持っている食器ですが、手放せないそうです。

キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方

「奥のものは出さなくていい」と決めて、気持ちがすっきりしました。

■手の届かない丸見え食器棚の上段には手放せない食器を飾る

わが家の食器棚は、リビングダイニングから見える位置にあります。ガラス扉なので中の食器が丸見えです。高さは194㎝あり、上段の奥には手が届きません。義母がたくさん送ってくれた高級食器を奥まで詰め込んでいましたが、ほとんど使っていませんでした。

キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方

普段使いの食器はシンプルなものを使いまわしているので、数が少なくても大丈夫です。ただ、普段使いしていないからといって、頂き物の食器を簡単には手放せません。

そこで上段には、飾りたいと思う食器だけを選んで、手前に並べてみました。

キッチンのデッドスペースに何を入れる?あえて「使いこなさない」と決めた収納の使い方

「飾るだけで使わなくていい」と決めて気持ちがすっきり、リビングダイニングからの見栄えも良くなり一石二鳥です。

デッドスペースを有効活用するべきと思い込んでいましたが、入れたいものがないなら、使いこなそうとがんばらなくてもいいんです。あえて「使いこなさない」と決めて、グッと楽になりました。

キッチンのデッドスペースに関する記事はこちらにも:

収納にちょい足し!キッチンの奥行き深め・高くて届かないなど3つの悩みを今すぐ解決
使いづらいキッチンの吊り戸棚収納の悩みを解決!ストレスフリーなキッチンへ
L型キッチン収納は、「ものの使用頻度」と「使いやすい空間」のランクづけが鍵!
L型のキッチンの収納を使いやすくするには?【教えて!ライフオーガナイザー(4)】

収納にちょい足し!キッチンの奥行き深め・高くて届かないなど3つの悩みを今すぐ解決

使いづらいキッチンの吊り戸棚収納の悩みを解決!ストレスフリーなキッチンへ

L型キッチン収納は、「ものの使用頻度」と「使いやすい空間」のランクづけが鍵!

L型のキッチンの収納を使いやすくするには?【教えて!ライフオーガナイザー(4)】

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 下川美歩
ブログ : 自分を変える、暮らしが変わる!


大掃除