季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ


おはようございます。
クローゼットオーガナイザー、元アパレル店長の柴田敦子です。

まだまだ暑い日もある季節ですが、夏っぽさ全開のファッションはちょっと気が引ける……、季節の変わり目は、着る服に悩みますよね。

片づけ収納ドットコムメンバーでも、季節の変わり目に着る洋服についてお悩みが出たので、改めて考えてみました。慌てて洋服を買わなくても、ちょっとした工夫で「着る服がない!」を避けられるポイントを3つお伝えします。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

■季節の変わり目は、「色」と「素材」で秋らしさを出す

夏から秋への季節の変わり目は、「色」を意識するだけで、季節を先取りできます。半袖やノースリーブでも、茶色やカーキ、グレーなど、濃い色を選ぶと夏っぽくなり過ぎません。白っぽい色やパステルカラーより、くすんだ色を選ぶと秋らしくなります。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

また、シャリ感のある麻素材や、レース、シースルーなど透け感のある素材は夏っぽいので、8月末までにたくさん着て、夏限定で楽しむようにしています。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

半袖でも、ニット素材なら秋から冬まで大丈夫。洋服の季節感には、「色」と「素材」を意識するようにしています。

■季節の変わり目は、脱ぎ着しやすい羽織りものを活用する

朝晩の寒暖差が激しい季節の変わり目は、脱いだり着たりがしやすい羽織りものが便利です。カーディガンは、羽織ると暑いときは、肩に掛けるだけでも変化が出ます。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

「肩に掛けるのはちょっとハードルが高いな」と思っていたのですが、ストールを首に巻く感覚で掛けるようにすると、気軽に楽しめるようになりました。

カーディガン以外には、シャツやシャツワンピースの前ボタンをはずして羽織りの代わりにしています。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

着る季節の少ない薄手のコートは持たずに、丈の長いシャツワンピースで代用しています。

■洋服は同じでも、小物を変えるだけで秋らしさを出す

9月に入る頃から、夏の間はサンダルで合わせていたところを革靴へ。カゴバッグから革のバッグへと、小物をチェンジしています。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

洋服は同じでも、小物を変えるだけで季節感に変化が出ます。

また、カジュアルな雰囲気にはなりますが、サンダルを履くときは素足でなく、靴下を履くだけでも夏の印象が薄まります。

季節の変わり目に何着てる? 夏から秋へ変わるときの“着る服がない”を解決するポイント3つ

「着るものがない!」と慌てて洋服を買わなくても、今ある洋服や小物で、季節外れにならずにおしゃれを楽しむことが可能です。季節の変わり目こそ、クローゼットの中をチェックしてみてくださいね!

季節の変わり目のクローゼットについてはこちらも参考に:
【衣替えのコツ】3回に分けてお手入れと見直しをすれば、着るタイミングを逃さない
季節の変わり目は衣類の見直しのチャンス! 捨てられない部屋着も片づく「小さな見直し」ルール
オープンタイプのシュークローゼットは、季節の衣替えをするとより使いやすくなる

【衣替えのコツ】3回に分けてお手入れと見直しをすれば、着るタイミングを逃さない

季節の変わり目は衣類の見直しのチャンス! 捨てられない部屋着も片づく「小さな見直し」ルール

オープンタイプのシュークローゼットは、季節の衣替えをするとより使いやすくなる

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 柴田敦子
ブログ:クローゼットから整える 余白のある毎日


クローゼット