お米20kgは「無印良品」トタンボックスで玄関にストック!3つのラクを叶える収納のコツ


おはようございます。
4人の子どもと暮らすライフオーガナイザーの中矢くみこです。

実家に帰省するたびに20kgほどのお米をお土産に持ち帰ってきます。

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

消費サイクルはそれなりに早めとはいえ、悩ましいのは、この大きさの米袋を置く場所。収納する場所をとる上に、重くて持ち運ぶのも一苦労……。そこで、米びつとしても人気の「無印良品」トタンボックス・大に移し替えてみると、キッチンの米びつへ補充するときも楽になりました!

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

ボックス1つには、おおよそ10kgほどのお米を2つの袋に小分けして入れています。

■重い米袋の移動は最小限に!ぎっくり腰予防に

お米のストック場所を決めるときに何よりも重要だったのは、できるだけ米袋を移動しないこと。一度下に置いてしまった米袋は、持ち上げるときに腰に負担がかかりすぎるのです……。そこで、車からどん!と置かれる場所の近くに収納場所を用意しました。

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

玄関脇の洗面所の下です。わが家では、一年を通して涼しく湿度も高くない場所。階段のすぐそばなので、2階にあるキッチンへのアクセスもいいんです。

■小分け用の袋は大きめのものを。口が広いと小分けが楽

ボックスに移し替えるときは、大雑把な私でもお米がこぼれ出ないように、口の広い食品用ポリ袋(20L)をボックスにセット。半分を目安に、ざざざーっと流し込みます。

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

米袋は縦に長いので、袋の上半分をハサミでカットしてから抱えると、お米が出しやすくなります。

トタンボックスに収納する前は、米袋の中でお米を保存袋に入れていました。

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

袋の中は、狭い・深い・届きにくい上に、計量カップで何度もお米をすくって袋に入れる手間は、地味に時間がかかって大変だったんですよね。

■小分けする量は米びつの容量を目安に!

キッチンで普段使っている米びつは、6kg入ります。そこで、ボックスの中にお米をひとまとめに入れずに、半分くらい(5kgほど)の量×2袋に分けて入れています。

お米20kgを「無印良品」トタンボックスにストック!3つのラクを叶える収納のコツ

米びつに補充するときは、一袋だけ取り出してキッチンへ。ふだん、食品を別の容器に移し替えたり、小分けにするのはどうしても面倒に感じますが、米袋に関しては、断然!小分けが楽でした。

キッチンで米びつに移し替えて空いた小分け用の袋は、階段を下りるついでにトタンボックスに。保管しておいて使いまわしていますよ。

お米のストックについてはこちらも:
お米のストック収納はリビングのチェスト!? 子ども服を収納していたチェストのビフォーアフター
【大量の物の収納】30kgのお米の収納について考えてみました
『定期購入』が続いているものと続かなかったもの。定期購入向きな商品の特徴とは?

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 中矢くみこ
ブログ: 凸凹でも片づけベタでも整う仕組みがある


メンバー紹介
手放し先リスト
オーガナイズウィーク