毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?


おはようございます。
ライフオーガナイザーの日名由香です。

コロナが流行ってから、私たちの生活や行動は大きく変化しました。移動手段に車を使うようになった方も多いと思います。レジャーやキャンプ、車中泊もいまだに注目度は高いですよね。車内で寝泊りのできる設備が整っている自動車、キャンピングカーの販売台数も右肩上がりで伸びているそうです。

わが家は家族でさまざまな経験や体験を共有したいという思いから 7 年前に「トヨタ」の「ハイエース」のキャンピングカーを購入しました。キャンピングカーというと、ふだんは使えないイメージがあるでしょうが、ハイエースなら日常使いもできてレジャーやキャンプ、「車中泊」まで楽しめます。その理由をご紹介いたします。

毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?

■ハイエースのキャンピングカーは、駐車場にも停められる

ハイエースと言えば、広い室内スペースが特徴。荷物を載せることだけでなく大人数が乗車することもできるので、送迎車などにも多く利用されています。車高も高く運転操作もしやすい。運転してみてわかったのですが、セダンの運転より断然、体は疲れにくいです。

毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?

わが家のキャンピングカーのベース車両は、「トヨタ」の「ハイエースワゴン ワイドボディミドルルーフ」(車長 484cm、車幅 188cm、車高 210.5cm)です。2段ベッドキットと手洗い設備が始めからついているグレードで、オプションで冷蔵庫、後席モニター、テーブルキットを付けました。

この仕様を選んだ理由は、何といっても駐車場に停められること。高さ制限のある自走式駐車場はだいた2.0~2.5mまで。出かけて駐車場に入れられず困ったという経験は、今のところ一度もありません。

■車で寝られるだけでコスパも抜群の旅になる

家族5人で旅行に出かけるときは、主人の長期休みに合わせるためGWやお盆、年末年始などのハイシーズンと言われる時期です。ハイシーズンにはホテルの予約も取りづらく、値段もいつもより高く設定されています。

せっかくのお休みなので長期間旅行に行きたいですが、家族5人でホテルに長期間泊まるのはお財布にも負担がかかります。私たち家族はご当地の美味しいご飯を食べて、温泉に入り、寝られるだけで満足。連日ホテルに泊まるのではなく、車中泊する日を入れるだけで旅行の費用も抑えられます。

毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?

■車中泊をもっと快適に。いつものマットレスで疲れ知らず

ハイエースは車内が広いので、就寝時に快適な空間を作りやすい。わが家のキャンピングカーは2段ベッドになりますが、フルフラット状態にすると、下段にセミダブルのマットレスがぴったり入ります。いつも寝るときに使っているマットレスで寝られるので、体も疲れません。上段は大人が寝るには少し狭いので小学生の子どもが2人寝袋で、下段に大人2人と幼児が寝ています。

毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?

コンパクトにまとめられるダウンケットも便利です。軽くて暖かく小さくたためるため、場所もとりません。気軽に持ち運べるので重宝しています。

毎日使えるハイエースのキャンピングカー。ふだんもレジャーも満喫できる理由とは?

ハイエースは気軽にふだん使いもでき、休みには家族と旅行や車中泊、趣味も思いっきり楽しむことができます。車は移動手段だけという固定概念は手放して、車を使うことで叶う「何か」を考えてみるきっかけにしてくださいね。

「趣味」についての関連記事はこちら:
新しい趣味、始めました! 忙しくてもジム通いが楽しく続く仕組みづくり
夫の趣味にお金はかける? お金の使い方で夫婦がモメないための3つのルール

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 日名 由香
ブログ : 田舎でスマイルライフ ライフオーガナイザー®日名由香 ラクに楽しく暮らす仕組みづくり


メンバー紹介
手放し先リスト
マスクの収納