出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく


おはようございます。
ライフオーガナイザーのあさおか まみです。

女性用のバッグは、種類、形、大きさ、素材もさまざまあり、立てて並べたいけれど自立しなかったり、ボックスにまとめて入れるとバッグが積み重なって探しにくくなったり。バッグの収納法がなかなか決められず、悩むことはないですか?

バッグの形に合わせて3つの収納方法を使い分けてみたら、見やすく出し入れしやすい収納ができました。

出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく

■収納方法は違っても、基本はすべてが見える収納

私は、ものを見て確認したいので、見える収納が好み。使用頻度が少ないバッグは、見えなかったり、しまい込んだりすると使わなくなってしまいます。なので、バッグの収納方法は3つを使い分けていますが、基本はすべて見える収納です。

毎日持ち歩いているバッグは、どんなシチュエーションにも合うシンプルなトートバッグ。気分を変えたいとき、また、出かける目的によって、いつもと違う形や素材のバッグを選びます。

使いたいときにすぐに使えるよう、クローゼットの片方の扉を開ければ、すべてのバッグが見渡せるようにしました。

出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく

■柔らか素材のバッグは、シャツホルダーにざっくり収納

私が持っているバッグの中で、いちばん多いのが自立しない柔らかいもの。トートバッグ、ショルダーバッグ、リュックなど、形や素材はさまざまですが、丸めたり、たたんだりして、クローゼットのシャツホルダーに収納しています。

出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく

シャツホルダーは、目の高さなので、パッと見えて選びやすいのがメリット。型崩れを気にしなくても良いバッグは、何が入っているかわかれば良いので、ざっくりと入れています。

■自立するバッグは、ボックスに入れて収納

自立するタイプのバッグの数は少ないので、ボックスにまとめて自立させて収納。ゆとりがあるので、型崩れも気になりません。

出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく

シャツホルダーの下にボックスを置くことで、柔らか素材のバッグも見ながら使いたいバッグを選んでいます。

■小さめのショルダーバッグは、S字フックで掛ける収納

ショルダーバッグの長いヒモは、整えて収納しないと、形のクセがついてしまったり、他のものと絡まったりすることでストレスに感じることも。

そこで、ハンガーパイプにS字フックを取りつけ、掛ける収納にすることで解決。長いヒモも気にせず、ラクに戻せるようになりました。ショルダーバッグの使用頻度は少ないので、1つのフックにまとめて掛けています。

出し入れがラクに!バッグ収納は形ごとに収納方法を変えたほうがうまくいく

バッグの種類が多く、うまく収納できないとお悩みの方におすすめです。

“バッグ収納”についてはこちらの記事も参考に:
帰宅後のバッグは掛けるだけ!疲れていても無理なく片づく、3ステップのバッグ収納
バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ
【ゆるミニマリストはじめました】バッグを減らして常にお気に入りを使う生活に

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー あさおか まみ
HP:暮らsing〜片づけで私らしい暮らし〜


メンバー紹介
手放し先リスト
マスクの収納