バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの岩崎 梢です。

ずっと収納のスタイルが決まらず、不満のもとだったバッグの収納問題が、ハンガーラックを利用することで解決しました。

引っ越しが多かった頃には、洋服の収納に活躍していたハンガーラックですが、約10年前、現在の家に落ち着いてからは不要になり、手放すことも考えていました。ふとしたきっかけで、なんとなくクローゼットに入れてみたら、シンデレラフィット。以後、快適に「掛ける収納」ができるようになりました。

わが家のバッグ収納をご紹介します。

バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ

■形がさまざまなバッグは、収納法が定まりにくい

収納を考えることは嫌いではありません。けれど、バッグの収納は、私にとってうまくいかない面倒くさいことでした。場所を決めて棚や床に置いてみたり、洋服用のハンガーに掛けたり、いくつか方法を試したけれどなんだかうまくいきません。

バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ

新たに収納用品を購入すれば解決するだろうけれど、「できるだけ家にあるもので工夫する」がポリシーの自分としては、バッグホルダーなど専用のものを購入するのは気が進みませんでした。

また、ファイルボックスなどの小分けは、取り出したり、元に戻したりするのにアクションが増えるので続かないし、小分けにして収納すると、見えなくなって忘れてしまうこともわかっています。

■クローゼットの空きスペースを有効利用

ある日、クローゼットの整理中に、空きスペースの利用を考えていました。奥行き85cmのクローゼットですが、「もしハンガーラックが入ったら、バッグを掛けたらいいかも?」と思いつき、試してみたらぴったり! いちばん長さのあるパイプ部分が81cmで、キャスターがついた足の部分は70cm、窮屈でもなく、気軽に移動できる余裕もあり、本当にちょうどよいサイズです。

バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ

調節可能な高さは、いちばん低い約90cmに設定しました。

■ハンガーラックとS字フックで気楽な収納

家にあったS字フックを使い、「掛ける収納」を作りました。さっとかけて、さっと取り出すが叶い、思っていた以上に快適です。

バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ

ひとつだけ気になったのが、バッグを取り出すときにフックが外れやすかったこと。フックの幅がパイプの直径よりも大きくてゆるかったためです。

小さなフックに買い替えるのは嫌だなあと思い、フックをぎゅっと握ってみたら、簡単に形を変えられる柔らかい素材だとわかりました。パイプに沿うようにきつめのカーブにしてみたら、その後は落下することなく固定できています。

バッグの収納、もうイライラしません!簡単すっきり、ハンガーラックに掛けるだけ

バッグの収納はこちらもぜひ参考に:
毎日同じバッグから脱却する方法! バッグの収納は分散するとうまくいく
【ゆるミニマリストはじめました】バッグを減らして常にお気に入りを使う生活に
衣類の出し入れがしにくいクローゼットの悩みは、“動線の見直し”で解決!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 岩崎 梢
ブログ : いまを楽しむ、くらしづくり日記


メンバー紹介
手放し先リスト
衣替え